ケン爺の備忘録(ほぼ日?)

木っ端役人のケン爺が読んだ本と日々について、ほぼ毎日書いています。最近サボっています。

日本人はなぜ美しいのか

ジャンル:本・雑誌 / テーマ:読んだ本 / カテゴリ:生き方 [2016年10月21日 21時38分]
昔からよく言われるように「不完全なものに美を感じる日本人」というのがこの本のテーマでしょう。

【内容情報】(「BOOK」データベースより)
日本庭園、和食、茶の湯など、日本の古きよき文化はいずれも美しく、世界の憧れ。こうした美の根底にあるのが、禅だ。禅では、ムダをそぎ落としたもの、移ろいゆくもの、未完成のもの、慎ましやかなものを美しいとしており、西洋の価値観とは真逆。禅僧であり、「禅の庭」を多数手がける庭園デザイナーでもある著者は、日本人が、独自の美の楽しみ方を知っていると説く。「いびつな茶器」「石ばかりでできた庭」「一輪だけ挿した花」「水鉢に映る月」などを愛でるのは日本的。日本人が古来持つ美的センスを再確認する一冊。

【目次】(「BOOK」データベースより)
第1章 外国から見たときの、日本の圧倒的な美しさとは(なぜ私の仕事が海外から求められるのか/スティーブ・ジョブズも、ビル・ゲイツも、禅に傾倒していた ほか)/第2章 まわりにある日本の美を再確認すべし(食のシーンは、四季を感じるのにベスト/食材の「添え物」には、日本人の知恵が詰まっている ほか)/第3章 「禅の美」とは何か(京都の庭はなぜ美しいのか/日本の庭は「おもてなしの心」からできている ほか)/第4章 日本人の「心」とは(日本人は、死後に「無形のもの」を受け継いできた/古きよき風景を、子どもや孫に語り伝える。それだけでも日本の力になる ほか)
関連記事

コメント (0) /  トラックバック (0)

コメント

この記事にコメントする

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://gijyutushi.blog119.fc2.com/tb.php/4103-a6d02b18
編集

ケン爺(=田舎の木端役人)

ケン爺(=田舎の木端役人)
出世に縁が薄い技術屋
それなりに資格あり
孫が大好きなジジイ

カスタム検索

Powered by / © Copyright ケン爺の備忘録(ほぼ日?) all rights reserved. / Template by IkemenHaizin