ケン爺の備忘録(ほぼ日?)

木っ端役人のケン爺が読んだ本と日々について、ほぼ毎日書いています。最近サボっています。

国民所得を80万円増やす経済政策

ジャンル:本・雑誌 / テーマ:読んだ本 / カテゴリ:社会制度 [2016年10月06日 21時32分]
基本的には同意するのでスゲ、よく分からないこともあります。
国の支出を増やすために、国債残高が増えるというのと分かります。
しかし、、国債残高が増えるとデフレになるなるように読めましたがよく分かりませんでした。

規律ある財政政策、デフレ完全脱却で「GDP 600兆円=国民所得80万円増」を達成し、財政健全化を果たせば、日本経済は必ず復活する。J.スティグリッツ、P.クルーグマンら世界の俊英との意見交換を経て、内閣官房参与が提示する、経済再生のシナリオ。
序 章 「600兆円経済」は難しくない
第1章 スティグリッツとクルーグマンが主張した「積極財政」
第2章 「デフレ」は社会心理現象でもある
第3章 「日本破綻論」という完全なる虚構
第4章 「プライマリー・バランス目標」が財政を悪化させている
第5章 「出口戦略」と「ワイズ・スペンディング」
第6章 「公共事業不要論」というデフレの鬼っ子
終 章 アベノミクスを成功させる「5つの提案」
【内容情報】(出版社より)
規律ある財政政策、デフレ完全脱却で「GDP 600兆円=国民所得80万円増」を達成し、財政健全化を果たせば、日本経済は必ず復活する。J.スティグリッツ、P.クルーグマンら世界の俊英との意見交換を経て、内閣官房参与が提示する、経済再生のシナリオ。
序 章 「600兆円経済」は難しくない
第1章 スティグリッツとクルーグマンが主張した「積極財政」
第2章 「デフレ」は社会心理現象でもある
第3章 「日本破綻論」という完全なる虚構
第4章 「プライマリー・バランス目標」が財政を悪化させている
第5章 「出口戦略」と「ワイズ・スペンディング」
第6章 「公共事業不要論」というデフレの鬼っ子
終 章 アベノミクスを成功させる「5つの提案」

【内容情報】(「BOOK」データベースより)
規律ある財政政策、デフレ完全脱却で「GDP600兆円=国民所得80万円増」を達成し、財政健全化を果たせば、日本経済は必ず復活する。J.スティグリッツ、P.クルーグマンら世界の俊英との意見交換を経て、内閣官房参与が提示する、経済再生のシナリオ。

【目次】(「BOOK」データベースより)
序章 「600兆円経済」は難しくない/第1章 スティグリッツとクルーグマンが主張した「積極財政」-脱出速度を確保せよ/第2章 「デフレ」は社会心理現象でもあるー緊縮・競争主義がデフレ脱却を阻む/第3章 「日本破綻論」という完全なる虚構/第4章 「プライマリー・バランス目標」が財政を悪化させている/第5章 「出口戦略」と「ワイズ・スペンディング」/第6章 「公共事業不要論」というデフレの鬼っ子/終章 アベノミクスを成功させる「5つの提案」
関連記事

コメント (0) /  トラックバック (0)

コメント

この記事にコメントする

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://gijyutushi.blog119.fc2.com/tb.php/4087-c6cad8cf
編集

ケン爺(=田舎の木端役人)

ケン爺(=田舎の木端役人)
出世に縁が薄い技術屋
それなりに資格あり
孫が大好きなジジイ

カスタム検索

Powered by / © Copyright ケン爺の備忘録(ほぼ日?) all rights reserved. / Template by IkemenHaizin