ケン爺の備忘録(ほぼ日?)

木っ端役人のケン爺が読んだ本と日々について、ほぼ毎日書いています。最近サボっています。

やさしい日本語

ジャンル:本・雑誌 / テーマ:読んだ本 / カテゴリ:その他 [2016年10月02日 21時22分]
日本語は難しいですね。
日本語を広めるためにも、外国人受け入れのためにも、やさしい日本語は望まれます。

【内容情報】(「BOOK」データベースより)
人口減少を背景に移民受け入れの議論が盛んになっている。受け入れるとしたときに解決しなければならないのがことばの問題。地域社会で共通言語になりうるのは英語でも普通の日本語でもなく“やさしい日本語”だけ。移民とその子どもにとどまらず、障害をもつ人、日本語を母語とする人にとって“やさしい日本語”がもつ意義とは。

【目次】(「BOOK」データベースより)
第1章 移民と日本/第2章 “やさしい日本語”の誕生/第3章 “やさしい日本語”の形/第4章 外国にルーツを持つ子どもたちと“やさしい日本語”/第5章 障害をもつ人と“やさしい日本語”/第6章 日本語母語話者と“やさしい日本語”/第7章 多文化共生社会に必要なこと/付録 “やさしい日本語”マニュアル
関連記事

コメント (0) /  トラックバック (0)

コメント

この記事にコメントする

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://gijyutushi.blog119.fc2.com/tb.php/4084-85b56d1a
編集

ケン爺(=田舎の木端役人)

ケン爺(=田舎の木端役人)
出世に縁が薄い技術屋
それなりに資格あり
孫が大好きなジジイ

カスタム検索

Powered by / © Copyright ケン爺の備忘録(ほぼ日?) all rights reserved. / Template by IkemenHaizin