ケン爺の備忘録(ほぼ日?)

木っ端役人のケン爺が読んだ本と日々について、ほぼ毎日書いています。最近サボっています。

なぜ名前だけがでてこないのか

ジャンル:本・雑誌 / テーマ:読んだ本 / カテゴリ:その他 [2016年09月30日 21時57分]
生命の危機に関する情報が重要だから、エピソード記憶が記憶に残るんですね。
睡眠学習法は新しいことを覚えることは出来なくても、勉強したことなら効果があるというのには少し納得しました。

脳を鍛えるなら
インプットよりアウトプットのほうが大切だった!
記憶の正しい「引き出し方」に着目した一冊


 記憶力を鍛えるといえば、暗記術のようなインプットの話ばかりが溢れています。でも社会人に必要なのはアウトプットのコツ。記憶力を鍛えるとは、実は「記憶の引き出し方」を鍛えることだったんです。人やものの名前を急にど忘れしたり、思い込みでミスしてしまったりしたことはありませんか? これは「記憶の引き出し方」のメカニズムを知れば、防げるようになります。
 解説するのは、名古屋大学で脳神経科学を専門に第一線で研究している澤田先生。記憶にまつわる脳の本質的な機能をわかりやすく語りながら、本当に正しいと考えられている記憶の鍛え方を紹介。記憶を引き出しやすくするための具体的なノウハウも満載です。
 すぐに役立つアドバイスだけでなく、「デジャブ(既視感)の謎」、「思い出が美化される不思議」など、脳が記憶を引き出すときのおもしろいクセも解き明かされています。記憶のみならず、脳の意外な正体もわかってくるサイエンス読みものです。
はじめに 大事なのはインプットではなくアウトプット / 序章 脳は生き残るための器官として進化した  /第一章 人はなぜ名前だけを忘れてしまうのか /第二章 苦しかった思い出が美化されるのはなぜ? デジャブ・思い込みのメカニズムは? /第三章 引き出す力がアップする記憶術 / 第四章 記憶力のための睡眠活用術 / 第五章 記憶力を鍛える生活術 / 第六章 記憶がなければ未来はつくれない / おわりに
コラム>>脳科学者が解説する 古今東西 記憶を扱った映画たち
【内容情報】(「BOOK」データベースより)
保存より呼び出しのほうが大切だった!記憶の正しい「引き出し方」。すぐに役立つアドバイスだけでなく、「デジャヴ(既視感)の謎」、「思い出が美化される不思議」など、記憶を引き出すときのおもしろいクセも紹介。

【目次】(「BOOK」データベースより)
序章 生き残るための知識を蓄えるー記憶のメカニズム/第1章 なぜ名前だけを忘れてしまうのか?/第2章 苦しかった思い出が美化されるのはなぜか?/第3章 眠りが記憶を強化する/第4章 脳科学的記憶術のすすめ/第5章 記憶力を高めるライフスタイル/第6章 記憶は過去の情報の蓄積だけじゃない?
関連記事

コメント (0) /  トラックバック (0)

コメント

この記事にコメントする

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://gijyutushi.blog119.fc2.com/tb.php/4082-9a4dca84
編集

ケン爺(=田舎の木端役人)

ケン爺(=田舎の木端役人)
出世に縁が薄い技術屋
それなりに資格あり
孫が大好きなジジイ

カスタム検索

Powered by / © Copyright ケン爺の備忘録(ほぼ日?) all rights reserved. / Template by IkemenHaizin