ケン爺の備忘録(ほぼ日?)

木っ端役人のケン爺が読んだ本と日々について、ほぼ毎日書いています。最近サボっています。

「平穏死」を受け入れるレッスン

ジャンル:本・雑誌 / テーマ:読んだ本 / カテゴリ:老後 [2016年08月17日 21時33分]
家族の情が平穏な死を遠ざけているんですね。

【内容情報】(「BOOK」データベースより)
安らかな大往生を妨げていたのは、家族の「情」だった!「いつまでも生きてほしい」けれど「楽に逝かせたい」家族のジレンマにベテラン医師が答える。人が老いて死にゆくとき、最後に家族ができることとは?

【目次】(「BOOK」データベースより)
第1章 人には「安らかにいのちを閉じる力」がある/第2章 終末期医療、家族のジレンマはなぜ起きる?/第3章 日本人の医療依存を考える/第4章 いま必要なのは、「老い」と「死」を受け入れる姿勢/第5章 「その人らしさ」を尊重したケアで人生をハッピーエンドにする/第6章 「最善」の医療とは何か/第7章 試練は「人生で本当に大切なもの」に気づくためにある/終章 幸せな死を思い描いて、今日一日を楽しんで生きる
関連記事

コメント (0) /  トラックバック (0)

コメント

この記事にコメントする

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://gijyutushi.blog119.fc2.com/tb.php/4038-f6f97447
編集

ケン爺(=田舎の木端役人)

ケン爺(=田舎の木端役人)
出世に縁が薄い技術屋
それなりに資格あり
孫が大好きなジジイ

カスタム検索

Powered by / © Copyright ケン爺の備忘録(ほぼ日?) all rights reserved. / Template by IkemenHaizin