ケン爺の備忘録(ほぼ日?)

木っ端役人のケン爺が読んだ本と日々について、ほぼ毎日書いています。最近サボっています。

税金考

ジャンル:本・雑誌 / テーマ:読んだ本 / カテゴリ:ビジネス(含むIT) [2016年08月07日 21時24分]
金持ちが日本からいなくなるのは困りますが、税金が取れないのはどうにかなりませんかね。

【内容情報】(出版社より)
あそこにも、ここにも不公平!
もう、こんな日本にはいられない!!

広がる世代間格差、搾り取られる会社員、多発する徴税ミス──日本の「税」がおかしい!
本書は、さまざまな場面に潜む税の問題をえぐり出し、その原因に迫る。

・僕らの税金、4割は高齢者に
・所得税の罠──バフェットの税率、秘書より低い
・消費税で儲かる? 益税5000万円のナゼ
・富裕層「食費タダ」も
・年収1億円、日本の税金は香港の3倍
・税務署が来れば8割「白旗」──内緒で教える対応の8つのコツ
・さよなら日本、海外脱出組の言い分(覆面座談会)
・ビール20年戦争
・ハーバード卒・企業弁護士、「最強の女神」は今日もほほえむ
・まるで無法地帯! アジアで知恵比べ
・過払い税金、企業が「奪還」
・徴税ミス多発、税インフラは先進国最悪レベル
・使途秘匿金1054法人60億円 
・消えた15万円──揺れる基準が成長阻む
・「脱法事件は嫌」、逃げる司法
・国税もつらいよ OB座談会 ほか

日経新聞の1面連載「税金考」に加筆・修正を行い単行本化。

【内容情報】(「BOOK」データベースより)
あそこにも、ここにも不公平!取材班がその正体に鋭く迫る!

【目次】(「BOOK」データベースより)
1章 税金格差ー報われないビジネスパーソンたち(経費って何だ?-ベビーシッター代は対象外/「ゼロか800万円か」-放置される二重基準 ほか)/2章 自分の身は自分で守る(富裕層増税、もろ刃の剣/年収1億円、日本の税金は香港の3倍 ほか)/3章 ゆらぐ企業基盤(ビール税20年戦争/「最強の女神」国税庁に連勝ー企業弁護士の素顔 ほか)/4章 税を歪めるのは誰か(選挙のワナー先送りを誘発、再考の時/ニッポンの政治改革、気がつけば世界に後れ ほか)
関連記事

コメント (0) /  トラックバック (0)

コメント

この記事にコメントする

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://gijyutushi.blog119.fc2.com/tb.php/4028-3966dfe1
編集

ケン爺(=田舎の木端役人)

ケン爺(=田舎の木端役人)
出世に縁が薄い技術屋
それなりに資格あり
孫が大好きなジジイ

カスタム検索

Powered by / © Copyright ケン爺の備忘録(ほぼ日?) all rights reserved. / Template by IkemenHaizin