ケン爺の備忘録(ほぼ日?)

木っ端役人のケン爺が読んだ本と日々について、ほぼ毎日書いています。最近サボっています。

外来生物クライシス

ジャンル:本・雑誌 / テーマ:読んだ本 / カテゴリ:環境 [2016年07月09日 21時28分]
外来生物により、日本の環境が変わっているんですよね。

【内容情報】(「BOOK」データベースより)
外来生物によって日本固有種が脅かされている。筆者が皇居内の生物調査に参加したときに目の当たりにしたものは、池の中や水辺を我が物顔で跳びまわるアメリカ原産・ウシガエルの大群だった。現在日本では、動物だけに絞ると約640種の外来生物が定着していると見られている。本書では特に問題となっていて、興味深いトピックスを持つ33種の外来生物の現状を取り上げ、その対処法を探る。

【目次】(「BOOK」データベースより)
第1章 日本を襲う外来生物(チュウゴクオオサンショウウオ/タイワンザル ほか)/第2章 人の生活に影響を与える外来生物(セイヨウミツバチ/ハクビシン ほか)/第3章 人間が招いた外来種問題(オオヒキガエル/カミツキガメ ほか)/第4章 人命を脅かす外来生物(ハイブリッドハブ/エキノコックス(多包条虫) ほか)
関連記事

コメント (0) /  トラックバック (0)

コメント

この記事にコメントする

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://gijyutushi.blog119.fc2.com/tb.php/3999-d858618d
編集

ケン爺(=田舎の木端役人)

ケン爺(=田舎の木端役人)
出世に縁が薄い技術屋
それなりに資格あり
孫が大好きなジジイ

カスタム検索

Powered by / © Copyright ケン爺の備忘録(ほぼ日?) all rights reserved. / Template by IkemenHaizin