ケン爺の備忘録(ほぼ日?)

木っ端役人のケン爺が読んだ本と日々について、ほぼ毎日書いています。最近サボっています。

漢字んな話 2

ジャンル:本・雑誌 / テーマ:読んだ本 / カテゴリ:エッセイ [2016年06月12日 21時05分]
「漢字んな話」って、だいぶ前に読んだのですが、続編が出ていたのですね。
それなりに面白いですが、読んだ端から忘れて行ってしまいます。

【内容情報】(「BOOK」データベースより)
ひとつ上いく漢字入門 落語で100話。朝日新聞の人気コラム第2弾!読んで笑ってさらに漢字がわかる。読みやすいユニバーサルデザインフォントを本文に使用。

【目次】(「BOOK」データベースより)
第1章 春ーやま里の春のあるじを人とはば おのがたづぬる花とこたへよ(慈円)(美ー大きな羊「あんたは偉い!」/抱ーこの腕にそっと包みこんで ほか)/第2章 夏ー夏あさきあをばの山の朝ぼらけ 花にかをりし春ぞわすれぬ(藤原為子)(贔ー重荷を一人?で引き受けて/維ーリズム整え、いい感じ ほか)/第3章 秋ーさえのぼる月の光にことそひて 秋の色なる星合の空(藤原定家)(食ー器に盛られたおいしい食材/静ー部首が読みも示す個性派 ほか)/第4章 冬ー雪降れば冬ごもりせる草も木も 春にしられぬ花ぞさきける(紀貫之)(初ー衣類をつくる、その第一歩/雅ー気品ある?カラスの鳴き声 ほか)
関連記事

コメント (0) /  トラックバック (0)

コメント

この記事にコメントする

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://gijyutushi.blog119.fc2.com/tb.php/3972-b064a8d3
編集

ケン爺(=田舎の木端役人)

ケン爺(=田舎の木端役人)
出世に縁が薄い技術屋
それなりに資格あり
孫が大好きなジジイ

カスタム検索

Powered by / © Copyright ケン爺の備忘録(ほぼ日?) all rights reserved. / Template by IkemenHaizin