ケン爺の備忘録(ほぼ日?)

木っ端役人のケン爺が読んだ本と日々について、ほぼ毎日書いています。最近サボっています。

自分が変わった方がお得という考え方

ジャンル:本・雑誌 / テーマ:読んだ本 / カテゴリ:社会制度 [2016年06月06日 21時24分]
結構難しい本です。2/3読んだところでやめました。
変わればいいことが多いんでしょうね。

【内容情報】(「BOOK」データベースより)
少子高齢化、人口減少、財政赤字、資源制約、地球温暖化、エネルギー転換など、押し寄せる難題。2050年に向かう日本の姿とは。変化を味方につけるためには何が必要か。

【目次】(「BOOK」データベースより)
プロローグ 課題先進国・日本は変化恐怖症を乗り越えられるか/第1章 人口減少時代とICT革命(人口減少時代の日本/ICT革命に活路)/第2章 分散型社会が生み出す活力(分散型社会の構築/分散型地域社会創生の基本ー「地産地消」、それを阻む壁/地域社会再生/分散型社会における自然資本の役割)/第3章 再生可能エネルギー主役の時代(進行する地球温暖化の脅威ー対策が立ち遅れる日本/再生可能エネルギーの状況/再生可能エネルギーの世界・国内の動向/再生可能エネルギーを軸とした地域創生)/第4章 企業が変われば社会が変わる(短期主義のもたらしたもの/企業の社会的責任の本質を考える/世界で、地域で、社会を変える企業/未来を共にデザインし、共創するために)
関連記事

コメント (0) /  トラックバック (0)

コメント

この記事にコメントする

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://gijyutushi.blog119.fc2.com/tb.php/3966-97b74543
編集

ケン爺(=田舎の木端役人)

ケン爺(=田舎の木端役人)
出世に縁が薄い技術屋
それなりに資格あり
孫が大好きなジジイ

カスタム検索

Powered by / © Copyright ケン爺の備忘録(ほぼ日?) all rights reserved. / Template by IkemenHaizin