ケン爺の備忘録(ほぼ日?)

木っ端役人のケン爺が読んだ本と日々について、ほぼ毎日書いています。最近サボっています。

塩分が日本人を滅ぼす

ジャンル:本・雑誌 / テーマ:読んだ本 / カテゴリ:健康 [2016年06月05日 21時20分]
塩の取り過ぎは悪そうですが、あまり減らすのもどうなんでしょうか?
ミネラルが多い塩ならば、ある程度良さそうです。

【内容情報】(「BOOK」データベースより)
実は日本人は塩漬けだ。もともと和食が塩分過多なうえ、現代人が好む加工食品や調理済み製品、また無添加をうたう食品にも、想像以上に塩が使われている。2015年に厚生労働省は1日の塩分摂取量の目標値を男性で9g未満から8g未満へ下げたが、それでもWHOが定める5g未満よりかなり多い。高血圧、動脈硬化、糖尿病、運動器症候群のほか、脳出血、心筋梗塞、がんなど死に直結する深刻な病まで、すべて塩分のせいと言って過言でない。このままでは「突然死」「寝たきり」「要介護」へまっしぐら!食を見直し、元気に年を取るために必読の書。

【目次】(「BOOK」データベースより)
第1章 日本人の食文化と「新しい危険」(あやふやな「減塩」/「塩分を感じて」いますか? ほか)/第2章 私たちは健康&食について理解が足りない(社会が変われば食が変わり、食が変われば病気も変わる/「栄養学」とは違う!「食養生」という考え方 ほか)/第3章 塩分はなぜ体に悪いのか(父の最期の言葉「ピザが食べたい」/人は死ぬ前にピザが食べたい? ほか)/第4章 美味しく知的に減塩するコツ(「慣らされた味」からの脱却を/健康寿命を延ばしたい人は、自分で食事をつくる ほか)
関連記事

コメント (0) /  トラックバック (0)

コメント

この記事にコメントする

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://gijyutushi.blog119.fc2.com/tb.php/3965-567e6a41
編集

ケン爺(=田舎の木端役人)

ケン爺(=田舎の木端役人)
出世に縁が薄い技術屋
それなりに資格あり
孫が大好きなジジイ

カスタム検索

Powered by / © Copyright ケン爺の備忘録(ほぼ日?) all rights reserved. / Template by IkemenHaizin