ケン爺の備忘録(ほぼ日?)

木っ端役人のケン爺が読んだ本と日々について、ほぼ毎日書いています。最近サボっています。

気ままに警備保障論

ジャンル:本・雑誌 / テーマ:読んだ本 / カテゴリ:エッセイ [2016年03月12日 21時21分]
書名が「気ままに」とありますが、確かにエッセイ的な本です。
アメリカでは州をまたがる捜査などに警備業が先行しただけで、警察自体は先にあったように本文では読めるのですが、「警備が先」とはちょっと言い過ぎに感じました。

【内容情報】(「BOOK」データベースより)
「警備って、こんなにおもしろいの!?」警備業界専門紙『警備新報』の人気連載待望の書籍化!警備保障の見方が変わる目からウロコのコラム集。

【目次】(「BOOK」データベースより)
警備業が先か、警察が先か/警察のモデルになった警備業/ウラからみた警備業/駐在さん、守衛さん、そしてGHQ/高度経済成長期に何が起こったか/なぜ、警備業は「生活安全産業」なのか/イエとしての家族と企業ー警備業と制度1/ムラとしての村落共同体ー警備業と制度2/イエとムラの代替機能ー警備業と制度3/村八分といじめー山口放火殺人事件〔ほか〕
関連記事

コメント (0) /  トラックバック (0)

コメント

この記事にコメントする

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://gijyutushi.blog119.fc2.com/tb.php/3916-1dac8d88
編集

ケン爺(=田舎の木端役人)

ケン爺(=田舎の木端役人)
出世に縁が薄い技術屋
それなりに資格あり
孫が大好きなジジイ

カスタム検索

Powered by / © Copyright ケン爺の備忘録(ほぼ日?) all rights reserved. / Template by IkemenHaizin