ケン爺の備忘録(ほぼ日?)

木っ端役人のケン爺が読んだ本と日々について、ほぼ毎日書いています。最近サボっています。

「廃業寸前」が世界トップ企業になった奇跡の物語

ジャンル:本・雑誌 / テーマ:読んだ本 / カテゴリ:ビジネス(含むIT) [2016年02月24日 21時46分]
ランチェスター戦略って未だに使えるんですね。
この本は、サーモス株式会社がマホービン世界一になるまでのセミドキュメンタリーなんでしょう。

【内容情報】(「BOOK」データベースより)
著者は日本で万年3位の赤字事業部が負け犬集団を脱して、ついには常勝軍団になっていく過程を体験した。本書は、その経験をもとに書き綴った「小さな事業部が、あるきっかけからたった7年で世界トップ企業になった物語」である。

【目次】(「BOOK」データベースより)
1幕 廃業寸前のお荷物事業部“断末魔の空気”(噂は本当だった/はじめての担当先 ほか)/2幕 ぼくたちが変わったきっかけ“問題提起”(このままでいいわけない/戦略って何だろう ほか)/3幕 負け犬たちの逆転案“戦略策定”(現状を理解しよう/後追いの製品づくり ほか)/4幕 顧客がみえてきた“変化の連鎖”(全国営業会議、紛糾する/技術部が変わった ほか)/5幕 弱小事業部の底力をみせる時だ“常勝のサイクル化”(2位を奪取せよ!/トップ営業になる秘訣 ほか)
関連記事

コメント (0) /  トラックバック (0)

コメント

この記事にコメントする

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://gijyutushi.blog119.fc2.com/tb.php/3897-a177d00c
編集

ケン爺(=田舎の木端役人)

ケン爺(=田舎の木端役人)
出世に縁が薄い技術屋
それなりに資格あり
孫が大好きなジジイ

カスタム検索

Powered by / © Copyright ケン爺の備忘録(ほぼ日?) all rights reserved. / Template by IkemenHaizin