ケン爺の備忘録(ほぼ日?)

木っ端役人のケン爺が読んだ本と日々について、ほぼ毎日書いています。最近サボっています。

モビリティをマネジメントする

ジャンル:本・雑誌 / テーマ:読んだ本 / カテゴリ:土木・安全 [2016年02月13日 21時33分]
アンケートをコミュニケーションの方策として使う「行動プラン法」というのは色々な施策に効果的な気がしますね。

【内容情報】(出版社より)
交通渋滞、バスや鉄道の経営難、中心市街地の衰退、これは人間が引き起こした社会的な問題だ。そこで市民の意識や常識に働きかけ、クルマ依存からクルマをかしこく使う方向へ、人々の自発的な行動転換をはかるのがモビリティ・マネジメント(MM)だ。その考え方や手法を初めてMMを担当する人、戸惑いがある人へ説く。

【内容情報】(「BOOK」データベースより)
「成功例」から読み解くモビリティ・マネジメントの手引き、決定版!市民の「意識」や「常識」に働きかけ、クルマへの「過度の依存」から、「かしこく使う」方向へ、人々の自発的な行動転換をはかるモビリティ・マネジメント(MM)。その考え方や手法、効果を、初めてMMを担当する人、壁にぶつかっている人のために説く。まちづくり、バス、鉄道、渋滞等、あらゆる問題の処方箋。

【目次】(「BOOK」データベースより)
「モビリティ・マネジメント」とは何か/第1部 まち・地域とモビリティ(公共交通の活性化を通した「交通まちづくり」を進めたいー交通まちづくりMM/地方で「バス」を活性化したいーバス活性化MM/ローカル鉄道を活性化したいー鉄道活性化MM)/第2部 多様なモビリティ・マネジメント実践(子どもたちに「交通」の大切さを教えたいーMM教育/「道路の混雑」をなんとかしたいーTDMとしてのMM/MMの色々な可能性)
現在交通系の仕事をしている人には「MM」とは当たり前かもしれませんが、ちょっと古いケン爺には示唆に富む本でした。
特に最後の方では「土砂災害避難?」にも、MMの手法が使えるという記述があり、ビックリしました。

【内容情報】(出版社より)
交通渋滞、バスや鉄道の経営難、中心市街地の衰退、これは人間が引き起こした社会的な問題だ。そこで市民の意識や常識に働きかけ、クルマ依存からクルマをかしこく使う方向へ、人々の自発的な行動転換をはかるのがモビリティ・マネジメント(MM)だ。その考え方や手法を初めてMMを担当する人、戸惑いがある人へ説く。

【内容情報】(「BOOK」データベースより)
「成功例」から読み解くモビリティ・マネジメントの手引き、決定版!市民の「意識」や「常識」に働きかけ、クルマへの「過度の依存」から、「かしこく使う」方向へ、人々の自発的な行動転換をはかるモビリティ・マネジメント(MM)。その考え方や手法、効果を、初めてMMを担当する人、壁にぶつかっている人のために説く。まちづくり、バス、鉄道、渋滞等、あらゆる問題の処方箋。

【目次】(「BOOK」データベースより)
「モビリティ・マネジメント」とは何か/第1部 まち・地域とモビリティ(公共交通の活性化を通した「交通まちづくり」を進めたいー交通まちづくりMM/地方で「バス」を活性化したいーバス活性化MM/ローカル鉄道を活性化したいー鉄道活性化MM)/第2部 多様なモビリティ・マネジメント実践(子どもたちに「交通」の大切さを教えたいーMM教育/「道路の混雑」をなんとかしたいーTDMとしてのMM/MMの色々な可能性)
関連記事
コメント (0) /  トラックバック (0)

コメント

この記事にコメントする

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://gijyutushi.blog119.fc2.com/tb.php/3888-04db0d9a
編集

ケン爺(=田舎の木端役人)

ケン爺(=田舎の木端役人)
出世に縁が薄い技術屋
それなりに資格あり
孫が大好きなジジイ

カスタム検索

Powered by / © Copyright ケン爺の備忘録(ほぼ日?) all rights reserved. / Template by IkemenHaizin