ケン爺の備忘録(ほぼ日?)

木っ端役人のケン爺が読んだ本と日々について、ほぼ毎日書いています。最近サボっています。

日本の道路がわかる事典

ジャンル:本・雑誌 / テーマ:読んだ本 / カテゴリ:土木・安全 [2016年01月25日 21時31分]
この手の本は以前読んだ記憶があるのですが、全ては記憶の深い沼に沈んでいます。
道路にかかわるものとしては、それなりのトリビアにはなりえますよね。

【内容情報】(出版社より)
古来、人を運び、物資を運び、文化を運んできた「道路」。本書では、そんな道路に隠された歴史的な背景や由来、文化との関わりを紹介しつつ、国道や高速道路、橋やトンネル、交通の最新技術やシステムの知識までを網羅します。道路を切り口に日本を旅する書!

【内容情報】(「BOOK」データベースより)
道路をたどれば、歴史と文化が見えてくる!毎日、何気なく歩き、使っている「道路」は古来、人を運び、物資を運び、文化をも運んできた。道路を切り口に日本を旅する!

【目次】(「BOOK」データベースより)
第1章 道路の不思議ー何のために道路はあるのか(「道路」っていったい何だろう?/自動車が通行できない国道がある!? ほか)/第2章 道路の歴史ー明治から現在まで(日本の道路整備が遅れた理由とは?/乗物の歴史ー徒歩から馬車、そして自動車へ ほか)/第3章 道路が伝える歴史と文化(古代の道の始まり/すべての道は畿内に通ず ほか)/第4章 道路にまつわる雑学と疑問(直轄国道と補助国道とは/国道は、どっちが起点でどっちが終点か? ほか)/第5章 進化を続ける日本の道路(交通渋滞による時間損失は年間38億時間/渋滞はどうすれば解消できるのか? ほか)
関連記事

コメント (0) /  トラックバック (0)

コメント

この記事にコメントする

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://gijyutushi.blog119.fc2.com/tb.php/3867-80f91d6a
編集

ケン爺(=田舎の木端役人)

ケン爺(=田舎の木端役人)
出世に縁が薄い技術屋
それなりに資格あり
孫が大好きなジジイ

カスタム検索

Powered by / © Copyright ケン爺の備忘録(ほぼ日?) all rights reserved. / Template by IkemenHaizin