ケン爺の備忘録(ほぼ日?)

木っ端役人のケン爺が読んだ本と日々について、ほぼ毎日書いています。最近サボっています。

聞いてチョウダイ根アカ人生

ジャンル:本・雑誌 / テーマ:読んだ本 / カテゴリ:エッセイ [2015年12月22日 21時48分]
財津一郎氏の自伝でした。

内容紹介
熊本出身の俳優、財津一郎氏が歩んできた人生をふり返った熊本日日新聞連載の「私を語る」を1冊にまとめました。財津さんは劇団ムーランの役者や、吉本新喜劇では座長を務めるなど舞台やテレビ、映画で存在感を発揮。最高視聴率64.8%のおばけ番組「てなもんや三度笠」への出演、タケモトピアノなどCMにも多数出演。
彼の人生を支えてきたのは、高校時代の恩師からもらった「『根アカ』に生きろ」という言葉でした。
シベリア抑留していた父を待つ間の苦しく貧しい生活。病床の母を助けようと、子どもながらに必死で食料を調達しようとした幼少期。済々黌高等学校で合唱と出会い、大好きな映画の影響もあって、演劇の道に進むことを決意します。
しかし演劇の道も決して平坦ではありませんでした。ジャズシンガー、喜劇の道を経て、大阪の笑いの拠点である吉本新喜劇で大阪マインドを学びます。苦労の中にも、いくつもの喜びや輝きや感動がありました。
彼の名せりふである「チョウダイ」のルーツや、人生で出会った多くの人たちとの縁と、芝居について学んだこと、そして今の生活について、人懐っこい口調で優しく語ります。

内容(「BOOK」データベースより)
“タケモトピアノ”のCMでおなじみの財津一郎です。私の人生をふるさとの皆さん、読んでチョウダイ!
関連記事

コメント (0) /  トラックバック (0)

コメント

この記事にコメントする

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://gijyutushi.blog119.fc2.com/tb.php/3834-b4d1a16e
編集

ケン爺(=田舎の木端役人)

ケン爺(=田舎の木端役人)
出世に縁が薄い技術屋
それなりに資格あり
孫が大好きなジジイ

カスタム検索

Powered by / © Copyright ケン爺の備忘録(ほぼ日?) all rights reserved. / Template by IkemenHaizin