ケン爺の備忘録(ほぼ日?)

木っ端役人のケン爺が読んだ本と日々について、ほぼ毎日書いています。最近サボっています。

民主主義をあきらめない

ジャンル:本・雑誌 / テーマ:読んだ本 / カテゴリ:社会制度 [2015年11月14日 21時24分]
そうなんですよね。

【内容情報】(「BOOK」データベースより)
強者のためだけの経済政策、自衛隊員の命を顧慮しない安保法制、民意が反映されない政治ーいずれも憲法の基盤をなす人権の問題である。すなわち、聞く耳持たず、弱者切り捨てを断行するアベ政治そのものが“憲法違反”なのだ。しかし、私たちは決して、切り捨てられる“弱者”たり得ない。この憲法のもと、民主主義のある限り!

【目次】(「BOOK」データベースより)
グローバル時代の救世主、それが日本国憲法ー正義と平和が出会う時/集団的自衛権はなぜ間違っているか/これは民主主義ではないー強者の欲望に寄り添う権力のもとで
関連記事

コメント (0) /  トラックバック (0)

コメント

この記事にコメントする

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://gijyutushi.blog119.fc2.com/tb.php/3796-4e38d444
編集

ケン爺(=田舎の木端役人)

ケン爺(=田舎の木端役人)
出世に縁が薄い技術屋
それなりに資格あり
孫が大好きなジジイ

カスタム検索

Powered by / © Copyright ケン爺の備忘録(ほぼ日?) all rights reserved. / Template by IkemenHaizin