ケン爺の備忘録(ほぼ日?)

木っ端役人のケン爺が読んだ本と日々について、ほぼ毎日書いています。最近サボっています。

「消滅自治体」は都会の子が救う

ジャンル:本・雑誌 / テーマ:読んだ本 / カテゴリ:社会制度 [2015年11月13日 21時37分]
都会の子どもを全員田舎に長期留学させると過疎が解決できるというのは、頭の体操としてはありえますが、実現はほぼ不可能でしょう。(多くの親が納得しませんよね。)

【内容情報】(「BOOK」データベースより)
もはや「待つ」時間は無い!地方創生の歯車を回したのは、「消滅自治体」の公表である。日本国の均衡発展は、企業誘致でも、「村おこし」・「まちづくり」への補助金でもない。「義務教育の地方分散授業」の制度化だ!それゆえ、過疎を救うのは都会の子どもである。

【目次】(「BOOK」データベースより)
1 国土の均衡発展/2 人口問題の解決なくして地方創生なし/3 現代の参勤交代ー地方創生の発想原理/4 地方創生政策ーなぜ緊急の重点施策となったのか?/5 論者もまた「木」を見て、「森」を見ていない/6 女性支援なくして地方創生なし
関連記事

コメント (0) /  トラックバック (0)

コメント

この記事にコメントする

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://gijyutushi.blog119.fc2.com/tb.php/3795-a0981b2b
編集

ケン爺(=田舎の木端役人)

ケン爺(=田舎の木端役人)
出世に縁が薄い技術屋
それなりに資格あり
孫が大好きなジジイ

カスタム検索

Powered by / © Copyright ケン爺の備忘録(ほぼ日?) all rights reserved. / Template by IkemenHaizin