ケン爺の備忘録(ほぼ日?)

木っ端役人のケン爺が読んだ本と日々について、ほぼ毎日書いています。最近サボっています。

資本主義こそが究極の革命である

ジャンル:本・雑誌 / テーマ:読んだ本 / カテゴリ:社会制度 [2015年09月18日 21時24分]
資本主義の中でも世の中の改革はできると言う本だと思います。

【内容情報】(「BOOK」データベースより)
インターネットによるジャーナリズムが市民社会を革新すると期待された10年前。しかし現実には変革は起こらず、むしろ閉塞感のある社会になってはいないだろうか。では、世の中に希望はないのか。宇野常寛は情報社会を再検討する中で一つの答えに辿り着く。資本主義こそが究極の革命であると。つまり、サービスを設計する経営者たちが、テクノロジーを手掛けるエンジニアたちが、仕事を通じて得た思想とビジョンを背景に着実に世の中を変えていたのだ。その先駆者8人との、未来への対話集。

【目次】(「BOOK」データベースより)
1 川鍋一朗(都市・地方と「交通」)過疎化する地方でタクシーが果たす使命ー日本交通・川鍋一朗が描く「交通」の未来/2 粟飯原理咲(「ポスト主婦」の時代の食とライフスタイル)「中食」はポスト戦後の食文化にどう介入するかーアイランド・粟飯原理咲が語る「お取り寄せ」の現在/3 野林徳行(生活サービスとコンビニ)なぜネット時代に『ゼクシィ』は売れ続ける?-レッグス・野林徳行の「顔が浮かぶ」マーケティング/4 安藝貴範(ホビーとカルチャー)僕らに『スター・ウォーズ』さえあればーグッドスマイルカンパニー・安藝貴範が語るオタク文化の世界戦略/5 古川健介(「文化を生む」ためのインターネット)そもそも検索ワードなんて要らない?-nanapi・古川健介が語る「ポスト検索」の時代/6 森健志郎(教育とインターネット)動画教育が可視化する新しい日本人の人生設計とはースクー・森健志郎の学歴社会「解体プラン」/7 北川拓也(「モノ」と人間の関係)人間の意識を変革するECサイトは可能か?-理論物理学者・北川拓也が楽天で得た「哲学」/8 安宅和人(神経科学と「言語」)「人間」を単位に考えるのは生命に失礼ー『イシューからはじめよ』著者・安宅和人が神経科学とマーケティングの間で考えてきたこと
関連記事

コメント (0) /  トラックバック (0)

コメント

この記事にコメントする

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://gijyutushi.blog119.fc2.com/tb.php/3739-cb1a9acc
編集

ケン爺(=田舎の木端役人)

ケン爺(=田舎の木端役人)
出世に縁が薄い技術屋
それなりに資格あり
孫が大好きなジジイ

カスタム検索

Powered by / © Copyright ケン爺の備忘録(ほぼ日?) all rights reserved. / Template by IkemenHaizin