ケン爺の備忘録(ほぼ日?)

木っ端役人のケン爺が読んだ本と日々について、ほぼ毎日書いています。最近サボっています。

徳川三百年を支えた豪商の「才覚」

ジャンル:本・雑誌 / テーマ:読んだ本 / カテゴリ:ビジネス(含むIT) [2015年08月23日 21時00分]
童門冬二さんは、武士のことを書く作家だと思っていました。
そうでもないのですね。

【内容情報】(「BOOK」データベースより)
戦国時代が去り、平和に見える江戸時代だが、「士農工商」という身分制度の中、商人には過酷な時代でもあった。武家の無理難題に「逆境こそ好機」と知恵と信念で立ち向かい、商機を掴んだ商人たち。庶民の暮らしを良くしようと奮闘した者から、困窮する大名家の財政再建に命を賭けた者まで、世界でも稀有な徳川三百年の“平和と繁栄”を支えた豪商たちの決断力や行動力は、現代の企業人にも通じるはずだ。

【目次】(「BOOK」データベースより)
第1章 逆境を跳ね返し、江戸の繁栄を支えたー豪商の「発想力」(河村瑞賢(江戸元禄期の豪商)「カネも看板もなければ、知恵で勝負する」/角倉了以(京都の豪商)「日本海と太平洋の南北を“水の道”でつなぐ」 ほか)/第2章 江戸庶民に支持された「三方よし」という心得ー豪商の「行動力」(西川甚五郎(近江商人・「ふとんの西川」創業者)「客の要求に先んじれば、商品は売れる」/市島喜右衛門(越後・新発田の豪商)「人に潜む宝の能力を掘り起こせ!」 ほか)/第3章 お客様が第一「先義後利」という商人魂ー豪商の「決断力」(淀屋常安(大坂の豪商)「豊臣から徳川の世へ、“商人の目”で先の先を読む」/三井高利(三井中興の祖)「薄利多売と店前売りで、顧客を武士から庶民へ一新」 ほか)/第4章 大名の面目を潰さず、藩と民を救ったー豪商の「交渉力」(本間光丘(庄内・酒田の豪商)「借金の申し入れに、身分は一切不要!」/広瀬久兵衛(豊後・日田の豪商)「藩を越えて通用する新貨幣を発行」 ほか)
関連記事

コメント (0) /  トラックバック (0)

コメント

この記事にコメントする

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://gijyutushi.blog119.fc2.com/tb.php/3713-b99e5f1a
編集

ケン爺(=田舎の木端役人)

ケン爺(=田舎の木端役人)
出世に縁が薄い技術屋
それなりに資格あり
孫が大好きなジジイ

カスタム検索

Powered by / © Copyright ケン爺の備忘録(ほぼ日?) all rights reserved. / Template by IkemenHaizin