ケン爺の備忘録(ほぼ日?)

木っ端役人のケン爺が読んだ本と日々について、ほぼ毎日書いています。最近サボっています。

吉田松陰に学ぶリーダーになる100のルール

ジャンル:本・雑誌 / テーマ:読んだ本 / カテゴリ:ビジネス(含むIT) [2015年07月26日 21時23分]
吉田松陰語録の現代語訳だそうです。
松陰のことばだけではなく、古典の言葉の引用が多く感じました。
内容紹介
吉田松陰は多くの優れた弟子を世に送り出した。
長州征伐(四境戦争)で活躍し幕府の倒壊を決定づけた高杉晋作、内閣総理大臣となった伊藤博文や山縣有朋、木戸孝允など、そうそうたる面々である。
松陰の実家の杉家に開かれた松下村塾から巣立った彼らは、松陰亡き後、その熱い魂をうけついで新しい日本の夜明けを切り開いていったのである。
これこそが、松陰の最大の功績である。
しかも驚くことに、松陰が松下村塾で実際に講義ができたのは、わずか3年にも満たない時間である。
その短期間のうちに、多くの幕末・維新のリーダーを育て上げていたのである。
本書では松陰の言葉を現代語に翻訳し、リーダーになるための「100」のルールを紹介する。
関連記事

コメント (0) /  トラックバック (0)

コメント

この記事にコメントする

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://gijyutushi.blog119.fc2.com/tb.php/3686-c4ed93c1
編集

ケン爺(=田舎の木端役人)

ケン爺(=田舎の木端役人)
出世に縁が薄い技術屋
それなりに資格あり
孫が大好きなジジイ

カスタム検索

Powered by / © Copyright ケン爺の備忘録(ほぼ日?) all rights reserved. / Template by IkemenHaizin