FC2ブログ

ケン爺の備忘録(ほぼ日?)

木っ端役人のケン爺が読んだ本と日々について、ほぼ毎日書いています。最近サボっています。

食べる―日常を拓く知4 (日常を拓く知 4)

ジャンル:本・雑誌 / テーマ:読んだ本 / カテゴリ:食べ物・飲み物 [2015年03月22日 21時54分]
食の本を題材にした対談です。
食べる―日常を拓く知4 (日常を拓く知 4)食べる―日常を拓く知4 (日常を拓く知 4)
(2015/01/22)
不明

商品詳細を見る

【内容情報】(「BOOK」データベースより)
食べることの「常識」が変わる!人は何のために“食べる”のか?食をめぐるグローバルな問題とは?『エビと日本人』から『ブタがいた教室』まで食の多様な側面をとりあげ、対談、エッセイ、ブックガイドという3つのスタイルを用いて、「食べること」と「生きること」を結びあわせる。

【目次】(「BOOK」データベースより)
1 “食べる”を語る(わたし「食べる」人、あなた「作る」人ーローカルな世界のグローバルな問題/「食べる」ことが病になるときー「見られる身体」という呪縛/命を食べること、命を奪うことー「生き物」と「食べ物」)/2 “食べる”を考える(宗教学からー聖書と「食べる」/地域社会学からー「食」を通した地域の活性化/文学からー時代小説で味わう江戸の食/臨床社会学からー当たり前の営みなのに、食べることってややこしい?/社会福祉学からー食べること(分かち合うこと)を支えられないという危機/国際関係論からー食のグローバル化と私たち)/3 “食べる”を学ぶためのブックガイド(“食べる”歴史を学ぶ/“食べる”文化を学ぶ/“食べる”味わいを学ぶ/“食べる”問題を学ぶ/“食べられない”現実を学ぶ/“食べる”ことの根源を学ぶ/“食べる”意味を学ぶ)
関連記事
コメント (0) /  トラックバック (0)

コメント

この記事にコメントする

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://gijyutushi.blog119.fc2.com/tb.php/3557-6d6d6fdc
編集

ケン爺(=田舎の木端役人)

ケン爺(=田舎の木端役人)
出世に縁が薄い技術屋
それなりに資格あり
孫が大好きなジジイ

カスタム検索

Powered by / © Copyright ケン爺の備忘録(ほぼ日?) all rights reserved. / Template by IkemenHaizin