ケン爺の備忘録(ほぼ日?)

木っ端役人のケン爺が読んだ本と日々について、ほぼ毎日書いています。最近サボっています。

江戸を読む技法 (宝島社新書)

ジャンル:本・雑誌 / テーマ:読んだ本 / カテゴリ:その他 [2015年02月02日 21時19分]
どうしても徳川中心史観になるんですよね。
すこーし斜めから見ることができたような気がします。
江戸を読む技法 (宝島社新書)江戸を読む技法 (宝島社新書)
(2014/03/10)
山本 博文

商品詳細を見る

【内容情報】(「BOOK」データベースより)
本書は、近世政治史研究の第一人者・山本博文博士が、丹念な史料探索によって、江戸時代の一般人像を現代に蘇らせた意欲作である。武士と現代サラリーマンは、何が共通していて何が異なるのか。本書を読めば、新たな視座が得られることだろう。歴史の教科書では、江戸時代を士農工商という身分制で説明してある。しかし、武士は支配階級、百姓・町人は被支配階級という捉え方は、短絡的で誤りであることがわかる。さらにまた、我々一般人が江戸時代の史料をひもとき読み込むための方法も紹介してある。本書で江戸を読む技法を身につければ、時代小説や大河ドラマが一〇〇倍楽しくなること請け合いだ。

【目次】(「BOOK」データベースより)
序章 「徳川中心史観」にとらわれずに江戸を読もう(史実は古文書や古記録で再現する/大河ドラマ『軍師官兵衛』を見るための基礎知識 ほか)/第1章 武士とは何か(「武士道とは死ぬことと見付けたり」-武士の決断/忠臣蔵と「かぶき者」-武士の生き方 ほか)/第2章 武士の出世競争と藩の不況対策(幕府に見る「出世」の仕組みー武士と人事/武士たちのリストラ体験ー江戸雄藩の不況対策)/第3章 幕府を揺るがした大事件(島原の乱と「ハルマゲドン」-江戸の宗教事件/宝永四年大坂大地震の教訓ー江戸の大震災 ほか)/第4章 江戸時代の調べ方(裁判史料の読み方ー大岡越前の判決史料/徳川将軍家、大名家関係史料の調べ方ー刊本史料 ほか)
関連記事
コメント (0) /  トラックバック (0)

コメント

この記事にコメントする

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://gijyutushi.blog119.fc2.com/tb.php/3513-df33a935
編集

ケン爺(=田舎の木端役人)

ケン爺(=田舎の木端役人)
出世に縁が薄い技術屋
それなりに資格あり
孫が大好きなジジイ

カスタム検索

Powered by / © Copyright ケン爺の備忘録(ほぼ日?) all rights reserved. / Template by IkemenHaizin