ケン爺の備忘録(ほぼ日?)

木っ端役人のケン爺が読んだ本と日々について、ほぼ毎日書いています。最近サボっています。

きみはポラリス (新潮文庫)

ジャンル:本・雑誌 / テーマ:読んだ本 / カテゴリ:小説 [2015年01月09日 21時50分]
この人の小説も結構好きです。この本は少し暗かったです。
きみはポラリス (新潮文庫)きみはポラリス (新潮文庫)
(2011/02/26)
三浦 しをん

商品詳細を見る

【内容情報】(「BOOK」データベースより)
どうして恋に落ちたとき、人はそれを恋だと分かるのだろう。三角関係、同性愛、片想い、禁断の愛…言葉でいくら定義しても、この地球上にどれひとつとして同じ関係性はない。けれど、人は生まれながらにして、恋を恋だと知っているー。誰かをとても大切に思うとき放たれる、ただひとつの特別な光。カタチに囚われずその光を見出し、感情の宇宙を限りなく広げる、最強の恋愛小説集。

【目次】(「BOOK」データベースより)
永遠に完成しない二通の手紙/裏切らないこと/私たちがしたこと/夜にあふれるもの/骨片/ペーパークラフト/森を歩く/優雅な生活/春太の毎日/冬の一等星/永遠につづく手紙の最初の一文
関連記事
コメント (0) /  トラックバック (0)

コメント

この記事にコメントする

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://gijyutushi.blog119.fc2.com/tb.php/3488-0f3a52a2
編集

ケン爺(=田舎の木端役人)

ケン爺(=田舎の木端役人)
出世に縁が薄い技術屋
それなりに資格あり
孫が大好きなジジイ

カスタム検索

Powered by / © Copyright ケン爺の備忘録(ほぼ日?) all rights reserved. / Template by IkemenHaizin