ケン爺の備忘録(ほぼ日?)

木っ端役人のケン爺が読んだ本と日々について、ほぼ毎日書いています。最近サボっています。

やなりいなり (新潮文庫)

ジャンル:本・雑誌 / テーマ:読んだ本 / カテゴリ:小説 [2015年01月08日 21時47分]
気楽に読めるシリーズですね。
やなりいなり (新潮文庫)やなりいなり (新潮文庫)
(2013/11/28)
畠中 恵

商品詳細を見る

【内容情報】(「BOOK」データベースより)
偶然みかけた美しい娘に、いつになく心をときめかせる若だんな。近頃日本橋通町では、恋の病が流行しているらしい。異変はそれだけに止まらず、禍をもたらす神々が連日長崎屋を訪れるようになって…。恋をめぐる不思議な騒動のほか、藤兵衛旦那の行方不明事件など、五つの物語を収録。妖たちが大好きな食べものの“れしぴ”も付いて、美味しく愉快な「しゃばけ」シリーズ第10作!

【目次】(「BOOK」データベースより)
こいしくて/やなりいなり/からかみなり/長崎屋のたまご/あましょう/福田浩×畠中恵対談 若だんなの朝ごはんーとうふづくし
関連記事
コメント (0) /  トラックバック (0)

コメント

この記事にコメントする

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://gijyutushi.blog119.fc2.com/tb.php/3487-fef36ea6
編集

ケン爺(=田舎の木端役人)

ケン爺(=田舎の木端役人)
出世に縁が薄い技術屋
それなりに資格あり
孫が大好きなジジイ

カスタム検索

Powered by / © Copyright ケン爺の備忘録(ほぼ日?) all rights reserved. / Template by IkemenHaizin