ケン爺の備忘録(ほぼ日?)

木っ端役人のケン爺が読んだ本と日々について、ほぼ毎日書いています。最近サボっています。

小泉武夫の快食日記―「食あれば楽あり」第六集

ジャンル:本・雑誌 / テーマ:読んだ本 / カテゴリ:食べ物 [2014年12月03日 21時39分]
この人の食の表現はいかがかと思う擬音語もありますが、何故か読んでしまいますよね。
小泉武夫の快食日記―「食あれば楽あり」第六集小泉武夫の快食日記―「食あれば楽あり」第六集
(2011/02/26)
小泉 武夫

商品詳細を見る

【内容情報】(「BOOK」データベースより)
そうめんはアサリの吸い物で啜る、マグロのすき焼きは夢のお告げ、流氷発泡酒とホッカイシマエビの幻想的なコントラストー。「涎がとまらない」と超人気の連載「食あれば楽あり」(日本経済新聞夕刊)の書籍化第六集!海の幸、山の幸から日常の麺やパンまで、全国各地の美味いものと美味い食べ方を、小泉先生が紹介する。

【目次】(「BOOK」データベースより)
第1章 生でよし、煮ても焼いてもよしの魚づくし/第2章 和洋中で海の幸を食す/第3章 肉を食らう/第4章 大地の恵みいろいろ/第5章 主役のめし、ご飯のお供/第6章 パン、麺、餅
関連記事
コメント (0) /  トラックバック (0)

コメント

この記事にコメントする

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://gijyutushi.blog119.fc2.com/tb.php/3460-6b1f2bd5
編集

ケン爺(=田舎の木端役人)

ケン爺(=田舎の木端役人)
出世に縁が薄い技術屋
それなりに資格あり
孫が大好きなジジイ

カスタム検索

Powered by / © Copyright ケン爺の備忘録(ほぼ日?) all rights reserved. / Template by IkemenHaizin