ケン爺の備忘録(ほぼ日?)

木っ端役人のケン爺が読んだ本と日々について、ほぼ毎日書いています。最近サボっています。

新書3冊でできる「自分の考え」のつくり方 (青春新書PLAY BOOKS)

ジャンル:本・雑誌 / テーマ:読んだ本 / カテゴリ:ビジネス(含むIT) [2014年11月08日 21時08分]
自分の考えかたを持つというのはなかなか難しいものです。
新書3冊だけではちょっと無理でしょうが、今までの考え方をベースに新書3冊を加えるならばなんとかなりそうですね。
新書3冊でできる「自分の考え」のつくり方 (青春新書PLAY BOOKS)新書3冊でできる「自分の考え」のつくり方 (青春新書PLAY BOOKS)
(2012/10/10)
奥野 宣之

商品詳細を見る

【内容情報】(「BOOK」データベースより)
会議に、提案に、目標達成に「誰も考えつかない思考」で差がつきます。いつもと違う発想を生み出す、問題の本質を見極める…新書3冊を“踏み台”にして、自分だけの太くて頑丈な指針をつくる本。

【目次】(「BOOK」データベースより)
序章 できるビジネスパーソンは、新書をこう使う(「読まなくてはいけない本」は読まなくていい/情報源は少ないほうがいい ほか)/第1章 ロングセラーがある、多岐にわたるテーマ…、だから、新書を読みなさい(広く浅く知るために「最高のオリエンテーションツール」/知りたいことは「全部、新書に書いてある」 ほか)/第2章 奥野式「新書ザッピング術」のすすめ(自分を観察し、紙に課題を書き出す/課題を解決するための「新書リスト」をつくる ほか)/第3章 新書3冊で「自分の考え」をつくる!(「自分の考え」はこうやってつくる/本にキャラ付けする ほか)/第4章 探す・選ぶ・買う・使う…、新書を活かす13のワザ(ウェブ検索術1:詳細検索ページをブックマークする/ウェブ検索術2:判型・シリーズ名・書籍名で絞る ほか)/付録 実践!「自分の考え」はこう練り上げる!(このままの「働き方」でいいのだろうか?/折れない心をつくるには?)
関連記事
コメント (0) /  トラックバック (0)

コメント

この記事にコメントする

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://gijyutushi.blog119.fc2.com/tb.php/3435-403e7dbd
編集

ケン爺(=田舎の木端役人)

ケン爺(=田舎の木端役人)
出世に縁が薄い技術屋
それなりに資格あり
孫が大好きなジジイ

カスタム検索

Powered by / © Copyright ケン爺の備忘録(ほぼ日?) all rights reserved. / Template by IkemenHaizin