ケン爺の備忘録(ほぼ日?)

木っ端役人のケン爺が読んだ本と日々について、ほぼ毎日書いています。最近サボっています。

すし屋の常識・非常識 (朝日新書)

ジャンル:本・雑誌 / テーマ:読んだ本 / カテゴリ:食べ物 [2014年07月19日 21時24分]
すし屋って不思議な業態ではありますね。
すし屋の常識・非常識 (朝日新書)すし屋の常識・非常識 (朝日新書)
(2009/02/13)
重金 敦之

商品詳細を見る

【内容情報】(「BOOK」データベースより)
すしというのは不思議な食べ物だ。どこの店もすしだねは30種類ほどしかなく、多くは醤油で食する。祝儀・不祝儀、老若男女、上戸・下戸の別を問わない。この日本人のソウルフードが、今や「SUSHI」として世界を席巻している。すしを食べるとき、知っておくと楽しい「ちょっとおいしい話」。

【目次】(「BOOK」データベースより)
第1章 すし屋がたどって来た道(「なんでもあり」の時代/始まりは「屋台」 ほか)/第2章 すしだねの四季(すしの華 マグロの栄光と悲惨/初ガツオへの愛着 ほか)/第3章 すし屋のプライドとお客のわがまま(日本人の根強い「刺身信仰」/すし屋に箸置きは必要か ほか)/第4章 すし屋は何処へ行く(回転ずしからSUSHIの時代へ/腹持ちするヘルシーなフィンガーフード ほか)
関連記事
コメント (0) /  トラックバック (0)

コメント

この記事にコメントする

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://gijyutushi.blog119.fc2.com/tb.php/3316-3ccefef8
編集

ケン爺(=田舎の木端役人)

ケン爺(=田舎の木端役人)
出世に縁が薄い技術屋
それなりに資格あり
孫が大好きなジジイ

カスタム検索

Powered by / © Copyright ケン爺の備忘録(ほぼ日?) all rights reserved. / Template by IkemenHaizin