ケン爺の備忘録(ほぼ日?)

木っ端役人のケン爺が読んだ本と日々について、ほぼ毎日書いています。最近サボっています。

貨幣という謎―金(きん)と日銀券とビットコイン (NHK出版新書 435)

ジャンル:本・雑誌 / テーマ:読んだ本 / カテゴリ:ビジネス(含むIT) [2014年07月01日 21時03分]
貨幣は幻想なんですね。
だからバブルも幻想なんでしょう。
貨幣という謎―金(きん)と日銀券とビットコイン (NHK出版新書 435)貨幣という謎―金(きん)と日銀券とビットコイン (NHK出版新書 435)
(2014/05/08)
西部 忠

商品詳細を見る

【内容情報】(「BOOK」データベースより)
金(きん)と一万円札と電子マネーはいったいどこが違うのか?ビットコインなどの続々と登場する「仮想通貨」は国家通貨を脅かすものなのか?バブルやハイパーインフレはお金につきまとう必然なのか?ハイエク、ケインズなどの論を踏まえつつ、貨幣が持つ不思議な原理と予期しない振る舞い、市場や国家との関係、貨幣と資本主義の未来までを徹底的に論じる、圧倒的な貨幣論!

【目次】(「BOOK」データベースより)
序章 貨幣という謎ー貨幣がわかれば経済がわかる/第1章 お金は「もの」なのか「こと」なのかー貨幣と市場を再考する/第2章 「観念の自己実現」としての貨幣ー日銀券とビットコインは何が違うのか/第3章 貨幣につきまとう病ーバブルとお金の関係/第4章 なぜ資本主義は不安定になるのかーハイパーインフレと投機を考える/終章 資本主義の危機と貨幣の「質」-どのお金が選ばれ、生き残るのか
関連記事
コメント (0) /  トラックバック (0)

コメント

この記事にコメントする

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://gijyutushi.blog119.fc2.com/tb.php/3300-6327de79
編集

ケン爺(=田舎の木端役人)

ケン爺(=田舎の木端役人)
出世に縁が薄い技術屋
それなりに資格あり
孫が大好きなジジイ

カスタム検索

Powered by / © Copyright ケン爺の備忘録(ほぼ日?) all rights reserved. / Template by IkemenHaizin