ケン爺の備忘録(ほぼ日?)

木っ端役人のケン爺が読んだ本と日々について、ほぼ毎日書いています。最近サボっています。

最強の世渡り指南書 (祥伝社新書)

ジャンル:本・雑誌 / テーマ:読んだ本 / カテゴリ:生き方 [2014年06月14日 22時13分]
『日本永代蔵』と『好色一代男』は全く逆と思っていましたが、そうではなかったのですね。
最強の世渡り指南書 (祥伝社新書)最強の世渡り指南書 (祥伝社新書)
(2013/09/02)
齋藤孝

商品詳細を見る

【内容情報】(「BOOK」データベースより)
『日本永代蔵』『世間胸算用』『好色一代男』などの作品で知られる井原西鶴。創意工夫で商いに成功し、一代で財を成した町人や、親から継いだ莫大な財産をすべて色事に捧げた破天荒な男など、身過ぎ世過ぎの浮世をわが身一つで生き抜く魅力的な人物を描き出した。本書では「才覚」をキーワードに西鶴の作品を読み解きながら、現代人に役立つ本当の知恵を探る。

【目次】(「BOOK」データベースより)
序章 現代に役立つ西鶴ー町人に学ぶ世渡りの技術(西鶴に学ぶ町人の覚悟と知恵/草食の時代にあえて問う「色」と「金」 ほか)/第1章 仕事の才覚(まずは家職に励むべし/勉強ができてもビジネスで成功するとは限らない ほか)/第2章 金儲けの才覚(お金は「命の親」である/「世渡り」は人生の一大事 ほか)/第3章 遊びの才覚(今の日本に必要な「好色パワー」/世之介のすさまじい好色ぶり ほか)/第4章 世渡りと人間関係の才覚(「相場を知る」ための情報網/一生に一度の「商い」-江戸時代の婚活に学ぶ ほか)
関連記事
コメント (0) /  トラックバック (0)

コメント

この記事にコメントする

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://gijyutushi.blog119.fc2.com/tb.php/3284-cfe39756
編集

ケン爺(=田舎の木端役人)

ケン爺(=田舎の木端役人)
出世に縁が薄い技術屋
それなりに資格あり
孫が大好きなジジイ

カスタム検索

Powered by / © Copyright ケン爺の備忘録(ほぼ日?) all rights reserved. / Template by IkemenHaizin