ケン爺の備忘録(ほぼ日?)

木っ端役人のケン爺が読んだ本と日々について、ほぼ毎日書いています。最近サボっています。

路地の教室―― 部落差別を考える (ちくまプリマー新書)

ジャンル:本・雑誌 / テーマ:読んだ本 / カテゴリ:社会制度 [2014年04月20日 21時26分]
路地=同和部落ですか。
時々はこの手の本も読みます。恫喝的な活動が無くなってきたのは助かります。
路地の教室―― 部落差別を考える (ちくまプリマー新書)路地の教室―― 部落差別を考える (ちくまプリマー新書)
(2014/01/07)
上原 善広

商品詳細を見る
関連記事

コメント (0) /  トラックバック (0)

コメント

この記事にコメントする

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://gijyutushi.blog119.fc2.com/tb.php/3239-106f55c1
編集

ケン爺(=田舎の木端役人)

ケン爺(=田舎の木端役人)
出世に縁が薄い技術屋
それなりに資格あり
孫が大好きなジジイ

カスタム検索

Powered by / © Copyright ケン爺の備忘録(ほぼ日?) all rights reserved. / Template by IkemenHaizin