ケン爺の備忘録(ほぼ日?)

木っ端役人のケン爺が読んだ本と日々について、ほぼ毎日書いています。最近サボっています。

同期生 「りぼん」が生んだ漫画家三人が語る45年 (集英社新書)

ジャンル:本・雑誌 / テーマ:読んだ本 / カテゴリ:マンガ関係 [2014年03月17日 22時45分]
弓月光はよく知っていますね。なにか近いものを感じてきました。
しかし、64歳とは思えませんね。
一条ゆかりは知っていましたが、読んだことはほとんどありません。
もりたじゅんは本宮ひろしの奥さんらしいということしか知りませんでした。
同期生 「りぼん」が生んだ漫画家三人が語る45年 (集英社新書)同期生 「りぼん」が生んだ漫画家三人が語る45年 (集英社新書)
(2012/09/14)
一条 ゆかり、もりたじゅん 他

商品詳細を見る

【内容情報】(「BOOK」データベースより)
最強の「同期生」が語る知られざる日本漫画史。

【目次】(「BOOK」データベースより)
第1章 一条ゆかり「わたしは“一条ゆかり”の奴隷だった」(マリー・アントワネットのような父と大家族/路面に描いたローセキ絵/なんで貴族じゃなかったの? ほか)/第2章 もりたじゅん「やめたことに何の悔いもありません」(マンガなんてとんでもない/賞金二〇万円に目がくらむ/一年間温めていたデビュー作 ほか)/第3章 弓月光「僕は一生マンガを描いていく」(本は何でも買ってもらえた/ノートに描いた連載マンガ/受賞とデビューと受験と ほか)
関連記事
コメント (0) /  トラックバック (0)

コメント

この記事にコメントする

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://gijyutushi.blog119.fc2.com/tb.php/3207-328e6c95
編集

ケン爺(=田舎の木端役人)

ケン爺(=田舎の木端役人)
出世に縁が薄い技術屋
それなりに資格あり
孫が大好きなジジイ

カスタム検索

Powered by / © Copyright ケン爺の備忘録(ほぼ日?) all rights reserved. / Template by IkemenHaizin