FC2ブログ

ケン爺の備忘録(ほぼ日?)

木っ端役人のケン爺が読んだ本と日々について、ほぼ毎日書いています。最近サボっています。

ぷらり日本全国「語源遺産」の旅 (中公新書ラクレ)

ジャンル:本・雑誌 / テーマ:最近読んだ本 / カテゴリ:家族・自分のこと・日々雑感 [2013年07月23日 21時10分]
なんということはない本ですが、それなりに面白く読めました。
ぷらり日本全国「語源遺産」の旅 (中公新書ラクレ)ぷらり日本全国「語源遺産」の旅 (中公新書ラクレ)
(2013/03/08)
わぐりたかし

商品詳細を見る

【内容情報】(「BOOK」データベースより)
「やぶ医者」「感謝感激」…ふだん何気なく使っている言葉が誕生した土地を訪ねると、そこには数々のドラマが待っている。心温まる伝承もあれば、思いもかけぬ悲劇に涙することもある。自身の体験や地元の人々とのよもやま話にグルメの話題も交えて、言葉の歴史や物語を綴った一七話。

【目次】(「BOOK」データベースより)
べっぴんー「べっぴん」は、鰻の蒲焼きだった/やぶ医者ー語源の地で、ホンモノの「やぶ医者」とご対面!/十八番(おはこ)-発見!團十郎もびっくり「十八番」の「お箱」/トロー名付け親は、三井物産の係長、安達一雄さん!/タニマチー大阪・谷町筋で、元祖タニマチの外科医を発見!/春一番ー島に刻まれた「ハルイチ」の悲劇とは/折紙付きー鑑定家のルーツ、本阿弥家で語源大スクープ!/太鼓判ー太鼓判の直径は、わずか一・五センチだった!/金に糸目を付けないー破格の八百円で「糸目」をゲット!/ぎょっとするー由来となった「虎」の背中をこすってみると…〔ほか〕
関連記事
コメント (0) /  トラックバック (0)

コメント

この記事にコメントする

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://gijyutushi.blog119.fc2.com/tb.php/2965-a41c8ead
編集

ケン爺(=田舎の木端役人)

ケン爺(=田舎の木端役人)
出世に縁が薄い技術屋
それなりに資格あり
孫が大好きなジジイ

カスタム検索

Powered by / © Copyright ケン爺の備忘録(ほぼ日?) all rights reserved. / Template by IkemenHaizin