FC2ブログ

ケン爺の備忘録(ほぼ日?)

木っ端役人のケン爺が読んだ本と日々について、ほぼ毎日書いています。最近サボっています。

科学的とはどういう意味か (幻冬舎新書)

ジャンル:本・雑誌 / テーマ:最近読んだ本 / カテゴリ:家族・自分のこと・日々雑感 [2013年04月24日 21時39分]
一応理系のケン爺はこの考え方に全面的に賛成です。
科学嫌いではまずいですよね。
科学的とはどういう意味か (幻冬舎新書)科学的とはどういう意味か (幻冬舎新書)
(2011/06/29)
森博嗣

商品詳細を見る

第1章 何故、科学から逃げようとするのか(いつから避けるようになったのか 向いていないと思い込む ほか)
第2章 科学的というのはどういう方法か(科学と非科学 非科学的な習慣 ほか)
第3章 科学的であるにはどうすれば良いのか(「割り切り」という単純化 科学は常に安全を求める ほか)
第4章 科学とともにあるという認識の大切さ(ごく普通に接すれば良い 数字にもう少し目を留めてみよう ほか)
[要旨]
科学―誰もが知る言葉だが、それが何かを明確に答えられる人は少ない。しばしば「自然の猛威の前で人間は無力だ」という。これは油断への訓誡としては正しい。しかし自然の猛威から生命を守ることは可能だし、それができるのは科学や技術しかない。また「発展しすぎた科学が環境を破壊し、人間は真の幸せを見失った」ともいう。だが環境破壊の原因は科学でなく経済である。俗説や占い、オカルトなど非科学が横行し、理数離れが進む中、もはや科学は好き嫌いでは語れない。個人レベルの「身を守る力」としての科学的な知識や考え方と何か―。
関連記事
コメント (0) /  トラックバック (0)

コメント

この記事にコメントする

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://gijyutushi.blog119.fc2.com/tb.php/2879-5ed75fc6
編集

ケン爺(=田舎の木端役人)

ケン爺(=田舎の木端役人)
出世に縁が薄い技術屋
それなりに資格あり
孫が大好きなジジイ

カスタム検索

Powered by / © Copyright ケン爺の備忘録(ほぼ日?) all rights reserved. / Template by IkemenHaizin