FC2ブログ

ケン爺の備忘録(ほぼ日?)

木っ端役人のケン爺が読んだ本と日々について、ほぼ毎日書いています。最近サボっています。

折れやすい部下の叱り方―「聴く力」を伸ばすカウンセリング・スキル

ジャンル:本・雑誌 / テーマ:最近読んだ本 / カテゴリ:ビジネス・仕事(含むIT) [2013年02月22日 20時56分]
ケン爺は若いころそれほど折れやすくはなかったと思っていましたが、折れなかったのは、折れないように気を使ってくれたり、ほめて育ててくれた上司や先輩のおかげだったのでしょうね。
叱る基本の「かりてきたねこ」とは、感情的にならない、理由を話す、手短に、キャラクター(人格)に触れない、他人と比較しない、根に持たない、個別に叱るですか。
幸せの「はひふへほ」とは、半分がいい、人並みがいい、普通がいい、平凡がいい、ほどほどがいいですか。「半分がいい」だけちょっと違う雰囲気ですが、なかなかいいですね。
折れやすい部下の叱り方―「聴く力」を伸ばすカウンセリング・スキル折れやすい部下の叱り方―「聴く力」を伸ばすカウンセリング・スキル
(2012/11/23)
渡部 卓

商品詳細を見る

第1章 折れやすい部下を元気づける法(「叱って育てる」のはとても難しい時代 人は自分を正当化する生き物 ほか)
第2章 カウンセリング・マインドで「叱り方」が一変する(最上の叱り方とは「傾聴」である 三つのスキルで、どんな部下の話でも傾聴できる ほか)
第3章 「叱らない」で「叱る」より効く育て方(タイプ別に効く七つの部下の伸ばし方 それでも変わらない部下に効く11のスキル)
第4章 カウンセリング・マネジャーになろう(叱りたいと思ったら、三日待とう 叱りたいと思ったらやるべき三つのこと ほか)
[要旨]
自己愛世代の若者から、年上、異性、外国人まで、価値観の異なる部下をどう導き統率するか?!新時代リーダの心得帳。
関連記事
コメント (0) /  トラックバック (0)

コメント

この記事にコメントする

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://gijyutushi.blog119.fc2.com/tb.php/2820-06456597
編集

ケン爺(=田舎の木端役人)

ケン爺(=田舎の木端役人)
出世に縁が薄い技術屋
それなりに資格あり
孫が大好きなジジイ

カスタム検索

Powered by / © Copyright ケン爺の備忘録(ほぼ日?) all rights reserved. / Template by IkemenHaizin