FC2ブログ

ケン爺の備忘録(ほぼ日?)

木っ端役人のケン爺が読んだ本と日々について、ほぼ毎日書いています。最近サボっています。

「親と子年表」で始める老いの段取り (文春新書 859)

ジャンル:本・雑誌 / テーマ:最近読んだ本 / カテゴリ:生き方・老後・健康 [2012年07月31日 20時13分]
確かに親は加齢への道しるべになりえますね。
年表までは作らないとは思いますが、親の人生を知りたくなりました。
「親と子年表」で始める老いの段取り (文春新書 859)「親と子年表」で始める老いの段取り (文春新書 859)
(2012/05/21)
水木 楊

商品詳細を見る

第1章 「親と子年表」が生まれた理由
第2章 親は時代を駆け抜ける
第3章 心理的段差にご用心
第4章 老いの段取り
第5章 老いの流儀
第6章 老いるメリット
第7章 死と生
[要旨]
老後という未体験の世界へ足を踏み入れるのは、誰しも不安なもの。そこで恰好の道しるべとなるのが、父母の人生データです。あなただけしか知り得ない、あなただけに役立つ情報。それを目に見える形にしたのが「親と子年表」です。実りある老後のためにぜひ、試してください。
関連記事
コメント (0) /  トラックバック (0)

コメント

この記事にコメントする

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://gijyutushi.blog119.fc2.com/tb.php/2626-eeba35a5
編集

ケン爺(=田舎の木端役人)

ケン爺(=田舎の木端役人)
出世に縁が薄い技術屋
それなりに資格あり
孫が大好きなジジイ

カスタム検索

Powered by / © Copyright ケン爺の備忘録(ほぼ日?) all rights reserved. / Template by IkemenHaizin