FC2ブログ

ケン爺の備忘録(ほぼ日?)

木っ端役人のケン爺が読んだ本と日々について、ほぼ毎日書いています。最近サボっています。

セブン-イレブンの「16歳からの経営学」

ジャンル:本・雑誌 / テーマ:最近読んだ本 / カテゴリ:社会制度 [2012年02月05日 21時28分]
仮説力はどんな仕事でも必要だと思います。
マネジメント能力はいつも課題ですね。
セブン‐イレブンの16歳からの経営学 (宝島社文庫 604)セブン‐イレブンの16歳からの経営学 (宝島社文庫 604)
(2008/01/11)
勝見 明

商品詳細を見る

プロローグ なぜ、セブン‐イレブンを見れば「経営」がわかるのか?
1 より多く売れる商品を揃えるにはどうすればいいのか?―仮説力をつける
2 より多くお客に買ってもらうにはどうすればいいのか?―売り込む力をつける
3 ヒット商品を生み出すにはどうすればいいのか?―商品開発力をつける
4 人によりよく動いてもらうにはどうすればいいのか?―人をマネジメントする力をつける
5 トップになったら何をすればいいのか?―リーダーシップを持つ
[要旨]
いつも身近にあるセブン‐イレブン。そのコンビニは、日本が世界に誇る最も優良な企業のひとつである。そのセブン‐イレブンから学ぶ経営学。お店の品揃えから商品開発、トップのあり方まで。そして、なぜセブン‐イレブンは強いのか?その答えをセブン‐イレブンの創設者・鈴木敏文と経営学者・野中郁次郎の言葉を通して著者の勝見明が解明する。高校生、大学生はもちろん、社会人まで必読の一冊。
関連記事
コメント (0) /  トラックバック (0)

コメント

この記事にコメントする

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://gijyutushi.blog119.fc2.com/tb.php/2428-38611934
編集

ケン爺(=田舎の木端役人)

ケン爺(=田舎の木端役人)
出世に縁が薄い技術屋
それなりに資格あり
孫が大好きなジジイ

カスタム検索

Powered by / © Copyright ケン爺の備忘録(ほぼ日?) all rights reserved. / Template by IkemenHaizin