FC2ブログ

ケン爺の備忘録(ほぼ日?)

木っ端役人のケン爺が読んだ本と日々について、ほぼ毎日書いています。最近サボっています。

人生の醍醐味を落語で味わう

ジャンル:本・雑誌 / テーマ:最近読んだ本 / カテゴリ:エッセイ [2011年10月25日 21時25分]
童門 冬二が書いた落語の本です。
「嫌な人間関係に困った時、落語の知恵が活かせます。」だそうです。
そうかな?
人生の醍醐味を落語で味わう (PHP新書)人生の醍醐味を落語で味わう (PHP新書)
(2009/09/16)
童門 冬二

商品詳細を見る

第1章 困った人付き合いに効く落語の一言(おハズカシウございます―理不尽な上司に ケガしなかったかい?―リーダーの器量を示す ほか)
第2章 イヤな仕事を楽しむ落語の知恵(“堪忍袋”のすすめ―ストレスを解消したいとき “職場バー”のすすめ―やる気を引き出す ほか)
第3章 家族の人情を描く落語の名場面(子離れのさびしさに耐える 可愛い子には旅をさせる ほか)
第4章 憧れる?呆れ返る?落語的生き方のすすめ(男は放浪に憧れる 女は定住に憧れる ほか)
[要旨]
落語は思わずぐっとくる“ヒューマニズム”に溢れてます。嫌な人間関係に困った時、落語の知恵が活かせます。家族に感謝したくなった時、落語の名場面に共感できます。「こんな人いないよ」と、呆れ返る噺もあります。童門流「落語的生き方のすすめ」、一席どうぞおつきあいを。
関連記事
コメント (0) /  トラックバック (0)

コメント

この記事にコメントする

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://gijyutushi.blog119.fc2.com/tb.php/2317-172158de
編集

ケン爺(=田舎の木端役人)

ケン爺(=田舎の木端役人)
出世に縁が薄い技術屋
それなりに資格あり
孫が大好きなジジイ

カスタム検索

Powered by / © Copyright ケン爺の備忘録(ほぼ日?) all rights reserved. / Template by IkemenHaizin