FC2ブログ

ケン爺の備忘録(ほぼ日?)

木っ端役人のケン爺が読んだ本と日々について、ほぼ毎日書いています。最近サボっています。

中国新たなる火種

ジャンル:本・雑誌 / テーマ:最近読んだ本 / カテゴリ:社会制度 [2011年09月27日 21時59分]
本当のところは分かりませんけど、この本のようなんだろうなと思います。
何にしても中国への警戒は欠かせませんよね。
中国 新たなる火種 (アスキー新書)中国 新たなる火種 (アスキー新書)
(2011/06/10)
渡辺賢一

商品詳細を見る

第1章 中国vs.日本「世界二位の経済大国」を総点検する(一日一ドル以下で生活する人が一・五億人も! “昇進”のために国民の利益を奪う共産党幹部たち ほか)
第2章 世界最大の「発展途上国」(?)が抱える矛盾(高齢人口が一・六億人に!高度経済成長に陰り 「農民工」の減少で危機に直面する中国の輸出企業 ほか)
第3章 胡錦涛から習近平への政権交代がもたらすもの(尖閣問題は「日中衝突時代」の幕開けにすぎない 「反日」か「親日」か、習近平の実像に迫る ほか)
第4章 世代間ギャップに戸惑う中国の親と子(日本以上に盛んな中国の「婚活ブーム」 「八〇後」の価値観とライフスタイル ほか)
第5章 「世界一位の経済大国」への宿題(二〇一九年、米中逆転!そのとき日本は? 習近平の中国はどこへ行くのか? ほか)
[要旨]
尖閣問題は「日中衝突時代」の幕開けに過ぎない。膨大な軍事費を投入して建造・開発が進む空母やステルス機。近隣諸国との間で次々と発生する領土・資源問題、自由と人権問題、急速な経済成長の代償として深刻化する環境汚染やインフレ、急激に進行する高齢化など、中国が抱える大問題と我が国への影響を解き明かす。
関連記事
コメント (0) /  トラックバック (0)

コメント

この記事にコメントする

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://gijyutushi.blog119.fc2.com/tb.php/2284-bc82cf6f
編集

ケン爺(=田舎の木端役人)

ケン爺(=田舎の木端役人)
出世に縁が薄い技術屋
それなりに資格あり
孫が大好きなジジイ

カスタム検索

Powered by / © Copyright ケン爺の備忘録(ほぼ日?) all rights reserved. / Template by IkemenHaizin