FC2ブログ

ケン爺の備忘録(ほぼ日?)

木っ端役人のケン爺が読んだ本と日々について、ほぼ毎日書いています。最近サボっています。

今世紀で人類は終わる?

ジャンル:本・雑誌 / テーマ:最近読んだ本 / カテゴリ:家族・自分のこと・日々雑感 [2011年09月30日 21時05分]
21世紀を越えて人類が存続するのは難しいそうです。
それでも、それを越えれば違う未来がありそうです。
今世紀で人類は終わる?今世紀で人類は終わる?
(2007/04/24)
マーティン リース

商品詳細を見る

プロローグ―二十一世紀に現れる新しい脅威の正体
人類を不老不死にする技術が人類を滅ぼす?
二十世紀で人類は終わりかもしれなかった
だれでも世界を滅ぼせる時代
人類滅亡を招くテロを防げるか
破壊的技術の誕生を防ぐため科学をやめる?
小惑星の衝突で文明が消滅する確率
人間の活動は地球に何を引き起こすか
科学実験が宇宙を破壊する?
哲学的思索が予見する人類の寿命
「科学の終焉」はどのように訪れるのか
人類は特別な存在か
宇宙進出が人類の保険になる?
エピローグ―二十一世紀の地球は全宇宙にとって特別だ
[要旨]
たとえば、致死率の高い危険なウイルスのDNA配列情報は、いまやだれでもインターネットからダウンロードできる。このDNA情報から、ウイルスを合成し、さらに強力なウイルスへと改造する技術を持った科学者は、世界に数千人存在し、その数は年々増えている。もし、通り魔殺人や銃乱射事件を起こすようなタイプの人間がこの技術を習得したら、いったい何が起きるだろうか―。核戦争や地球温暖化といった、20世紀から危惧されてきたものとはまったく別の、予想外の脅威による人類文明終焉のシナリオを、第一線の物理学者が描き出す。
出版社からの内容紹介
個人の力で人類を滅亡させることが、今後数十年のうちに、可能になるかもしれない…。地球温暖化よりも、核戦争よりも、深刻でリアルな「高度な科学テロ・事故による人類文明の終末」のシナリオを物理学者が描き出す。究極の未来論。
関連記事
コメント (0) /  トラックバック (0)

コメント

この記事にコメントする

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://gijyutushi.blog119.fc2.com/tb.php/2282-ef5116ed
編集

ケン爺(=田舎の木端役人)

ケン爺(=田舎の木端役人)
出世に縁が薄い技術屋
それなりに資格あり
孫が大好きなジジイ

カスタム検索

Powered by / © Copyright ケン爺の備忘録(ほぼ日?) all rights reserved. / Template by IkemenHaizin