FC2ブログ

ケン爺の備忘録(ほぼ日?)

木っ端役人のケン爺が読んだ本と日々について、ほぼ毎日書いています。最近サボっています。

SF奇書天外

ジャンル:本・雑誌 / テーマ:最近読んだ本 / カテゴリ:小説・マンガ関係 [2011年07月27日 21時41分]
SFってもともと奇書なんでしょうけど、これほど奇書があるとは面白いものですね。
昔「奇想天外」という雑誌もありましたよね。
SF奇書天外 (KEY LIBRARY)SF奇書天外 (KEY LIBRARY)
(2007/08)
北原 尚彦

商品詳細を見る

一九四〇年代後半~五〇年代(コレクター垂涎の『醗酵人間』
あっと驚く翻案童話『龍宮城』 ほか)
一九六〇年代(ゲルマン神話+世界史+α=『落・奈落』 地方出版のSF童話集『昆虫人間の朝』 ほか)
一九七〇年代(超振動のイチモツで地球女とやりまくる“惑星からきた伊達男”シリーズ 全軍特攻で日本軍勝利!『小説本土決戦』 ほか)
一九八〇年代(未来人が現代女性とやりまくる『セックス・マシーン』 架空の書が現実と化したクルムヘトロジャン『へろ』 ほか)
一九九〇年代(直木賞作家が書いた宗教SF『時のエリュシオン』 北海道産の医学SF『REMAN‐リマン誕生‐』 ほか)
[要旨]
戦後のSF史・古書史に燦然と輝く(あるいは、ほとんど知られることのなかった)綺羅星のごとき奇書、珍本。マニアたちのあいだで密かに語り伝えられる、奇妙奇天烈、摩訶不思議な小説を読みに読んだ、その道の第一人者が網羅して紹介する。ポルノSFから自費出版書籍まで、カラーを含む図版三百点近くを収録。すべてのSFファン・古書ファンに贈る必携の一冊。
関連記事
コメント (0) /  トラックバック (0)

コメント

この記事にコメントする

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://gijyutushi.blog119.fc2.com/tb.php/2218-70d906fc
編集

ケン爺(=田舎の木端役人)

ケン爺(=田舎の木端役人)
出世に縁が薄い技術屋
それなりに資格あり
孫が大好きなジジイ

カスタム検索

Powered by / © Copyright ケン爺の備忘録(ほぼ日?) all rights reserved. / Template by IkemenHaizin