FC2ブログ

ケン爺の備忘録(ほぼ日?)

木っ端役人のケン爺が読んだ本と日々について、ほぼ毎日書いています。最近サボっています。

超訳 マキャヴェリの言葉

ジャンル:本・雑誌 / テーマ:最近読んだ本 / カテゴリ:ビジネス・仕事(含むIT) [2011年07月21日 21時25分]
この本に書かれているマキャベリズムは、従来のイメージとはだいぶ違いました。
本当はどうなんでしょう?
超訳 マキャヴェリの言葉 (PHP新書)超訳 マキャヴェリの言葉 (PHP新書)
(2011/06/16)
本郷 陽二

商品詳細を見る

第1章 困難な時代に人を巧みに使いこなす(困難な時代ほど、才能ある人物を登用し、その功績に十分に報いなければならない リーダーは、部下を二種類に分けて対応すべき ほか)
第2章 チャンスを逃さず勝利をつかむために(相手のミスで勝利した人は、次は敗北を喫する プロジェクトのリーダーは一人でなければならない ほか)
第3章 真のリーダーに求められる覚悟と信念(リーダーに求められるのは、正義と力 上に立つ人は、悪評を覚悟せよ ほか)
第4章 油断や怠慢を待ち受ける罠(弾圧で部下を恐怖に陥れるのは、組織にとって危険である 大きなミスを犯したり、どん底まで落ちた部下に重要な任務を与えるな ほか)
第5章 さらに頭脳を進化させるために(リーダーを持たない人の集団は、無価値も同然だ 新しい秩序を持ち込むことほど、難しいものはない ほか)
[要旨]
十六世紀、フィレンツェ共和国の書記官マキャヴェリが著した『君主論』。人間と組織の本質を冷徹に分析した政治哲学は、当時“悪徳の書”と呼ばれ排撃されるも、その後、四百年以上にわたり“帝王学のバイブル”として読み継がれている。本書は、そのエッセンスを「リーダーにとって、力は約束より大切」「信頼する部下よりも、かつてのライバルを起用せよ」など、現代に合わせた大胆な“超訳”で解説。リーダー・組織のあるべき戦略から個人の強い生き方まで、混迷と停滞を続ける日本人が今こそ学ぶべきマキャヴェリの知恵。
関連記事
コメント (0) /  トラックバック (0)

コメント

この記事にコメントする

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://gijyutushi.blog119.fc2.com/tb.php/2212-7adfafce
編集

ケン爺(=田舎の木端役人)

ケン爺(=田舎の木端役人)
出世に縁が薄い技術屋
それなりに資格あり
孫が大好きなジジイ

カスタム検索

Powered by / © Copyright ケン爺の備忘録(ほぼ日?) all rights reserved. / Template by IkemenHaizin