FC2ブログ

ケン爺の備忘録(ほぼ日?)

木っ端役人のケン爺が読んだ本と日々について、ほぼ毎日書いています。最近サボっています。

人類進化99の謎

ジャンル:本・雑誌 / テーマ:最近読んだ本 / カテゴリ:家族・自分のこと・日々雑感 [2010年11月27日 21時00分]
10年に一度ぐらい人類史が書き直されているというのは始めて知りました。
歴史は変わらないと思っていましたが、発掘で変わっていくのはよくわかります。
人類進化99の謎 (文春新書)人類進化99の謎 (文春新書)
(2009/05)
河合 信和

商品詳細を見る

1 最初のヒトと猿人(人間とはどんな動物なのか 直立二足歩行のメリットは何か ほか)
2 ヒト属、世界に飛躍する(脳はいつ、どうして大きくなったのか石器と肉食の関係 ホモ・ハビリスとは何なのか ほか)
3 ホモ・サピエンスとネアンデルタール人(ネアンデルタール人とはどんな人類なのか ヒトはいつから言葉をしゃべれるようになったのか ほか)
4 それからのヒト属(「人種」の起源はいつか オーストラリアと新大陸、どちらの植民が早かったのか ほか)
5 ヒトの不思議をさぐる科学(白人の肌はなぜ白いのか 脳の大きさは絶対なのか ほか)
[要旨]
人類はアフリカで生まれ、すべて肌が黒かった。人類進化学の最新成果をふまえ、私たちホモ・サピエンスのルーツから現在までの足跡をたどる。
関連記事
コメント (0) /  トラックバック (0)

コメント

この記事にコメントする

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://gijyutushi.blog119.fc2.com/tb.php/1924-1bfd827f
編集

ケン爺(=田舎の木端役人)

ケン爺(=田舎の木端役人)
出世に縁が薄い技術屋
それなりに資格あり
孫が大好きなジジイ

カスタム検索

Powered by / © Copyright ケン爺の備忘録(ほぼ日?) all rights reserved. / Template by IkemenHaizin