FC2ブログ

ケン爺の備忘録(ほぼ日?)

木っ端役人のケン爺が読んだ本と日々について、ほぼ毎日書いています。最近サボっています。

生きるためにいちばん大切な「食」の話

ジャンル:本・雑誌 / テーマ:最近読んだ本 / カテゴリ:食べ物・飲み物 [2010年02月15日 21時27分]
「人はパンのみに生きるにあらず。」でしょうが、パン(や米)がないと生きられません。
「食」をないがしろにしてきた日本はどうなるのでしょうか。木っ端役人はこの手の本を読むたびそう思いますが、そう思わない人の方が大多数だから今があるのでしょうね。
生きるためにいちばん大切な「食」の話 (現代プレミアブック)生きるためにいちばん大切な「食」の話 (現代プレミアブック)
(2009/09/29)
柴田 明夫

商品詳細を見る

序章 いまこそ「食」を見つめ直す
第1章 食料輸入大国・日本―戦後六〇年の「食」の歩み(日本の戦後は「飢え」から出発した 農村から都市へ「民族大移動」 経済成長とともに変化していく食卓 食生活はどんどん便利になったけれど… お金を積んでも食料を輸入できなくなる!?)
第2章 世界で食料の争奪戦が始まった(異常気象による食料パニック 大不況でも再び上昇する穀物価格 世界の食料が足りない! 中国の「爆食」が与える影響 農地を巡る各国間の争い バイオエタノールの罪 トウモロコシが輸入できなくなる日 一九七三年の食糧危機 食料の大増産はもはや不可能 遺伝子組み換え作物の問題点)
第3章 日本の「食」を再生させるために(死に瀕する日本の農業 コメ作りが衰退した原因 いますぐコメを大増産せよ! 日本のコメを世界へ輸出 僕たち一人ひとりが問われていること ローカリズム(地域主義)の重要性 新しい社会のかたち)
[要旨]
経済不況も大問題だが、それよりも深刻なのが世界の食料不足だ。総人口の増加、異常気象の続発、中国など新興国における食生活のレベルアップ、バイオエタノールの生産増による食用トウモロコシの減少…。いま各国で食料の奪い合いが始まりつつある。この危機に対して食料を海外に大きく依存する日本は何をすべきか?そして僕たち一人ひとりに問われていることは?世界と日本の「食」や「農」の現実、あるべき将来像について、わかりやすく解説する。

関連記事

コメント (0) /  トラックバック (0)

コメント

この記事にコメントする

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://gijyutushi.blog119.fc2.com/tb.php/1637-835bd0cb
編集

ケン爺(=田舎の木端役人)

ケン爺(=田舎の木端役人)
出世に縁が薄い技術屋
それなりに資格あり
孫が大好きなジジイ

カスタム検索

Powered by / © Copyright ケン爺の備忘録(ほぼ日?) all rights reserved. / Template by IkemenHaizin