FC2ブログ

ケン爺の備忘録(ほぼ日?)

木っ端役人のケン爺が読んだ本と日々について、ほぼ毎日書いています。最近サボっています。

いま、逆攻のとき

ジャンル:本・雑誌 / テーマ:最近読んだ本 / カテゴリ:社会制度 [2009年06月23日 21時57分]
人を使い捨てる社会はどうにかしたいものです。やはり、声を出さなければならないんでしょうね。
昨日の「食」の問題と一緒です。
いま、逆攻のとき―使い捨て社会を越えるいま、逆攻のとき―使い捨て社会を越える
(2009/05)
鎌田 慧

商品詳細を見る

1 いま、逆攻のとき(どん底からの出発 つくりだされた差別と貧困 最底辺労働の実態 ほか)
2 「生きにくさの時代」を生きること―連帯の可能性をめぐって(「生きにくさの時代」―みえない「敵」の前で 社会的紐帯の欠如 言葉による社会の固定化 ほか)
3 新しい運動がはじまった―正規も非正規もともに(高度経済成長のツケと貧困問題の再来 労働運動と連帯の可能性 人間の生存という普遍的テーマ ほか)
[要旨]
どうしてこんなに無惨な情況になったのか。一貫して労働現場を歩きつづけてきたルポライターが、搾取と収奪の実態を怒りをこめて告発し、人間らしい生活にむけた連帯と抵抗を呼びかける。湯浅誠(「反貧困ネットワーク」事務局長)、川田文子(ノンフィクション作家)との対談も収録。

関連記事

コメント (0) /  トラックバック (0)

コメント

この記事にコメントする

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://gijyutushi.blog119.fc2.com/tb.php/1399-1ecaefcb
編集

ケン爺(=田舎の木端役人)

ケン爺(=田舎の木端役人)
出世に縁が薄い技術屋
それなりに資格あり
孫が大好きなジジイ

カスタム検索

Powered by / © Copyright ケン爺の備忘録(ほぼ日?) all rights reserved. / Template by IkemenHaizin