FC2ブログ

ケン爺の備忘録(ほぼ日?)

木っ端役人のケン爺が読んだ本と日々について、ほぼ毎日書いています。最近サボっています。

政権交代論

ジャンル:本・雑誌 / テーマ:最近読んだ本 / カテゴリ:社会制度 [2009年06月21日 21時47分]
さすがに岩波です。軽くは読めません。
自民党の中にいくつもの派閥があったため、2大政党制にならなかったんでしょうね。
イギリスでは、政党毎にある一定の議席が確保されることにより、それ以外のところの議席で政権交代が起きるとのことです。
日本だったら、東京などの都会の議席と田舎の議席が2大政党の基礎議席になり、政令指定都市から中核都市ぐらいで政権交代が起こるイメージでしょうかね。
政権交代論 (岩波新書)政権交代論 (岩波新書)
(2009/03)
山口 二郎

商品詳細を見る

自民党政治の終焉
なぜ政権交代が必要か
アメリカの政権交代
イギリスの政権交代
政権交代で何を変えるのか
[要旨]
自民党政治は閉塞を極め、緊急を要する課題に対応できなくなっている。その打開の道は、政権交代しかない。そもそも民主政治にとって政権交代とはどんな意味があるのか。なぜ日本ではほとんど起きなかったのか。そして、民主党は政権を担えるのか。アメリカやイギリスの事例を考察しながら、有意義な政権交代の条件を探る。

関連記事

コメント (0) /  トラックバック (0)

コメント

この記事にコメントする

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://gijyutushi.blog119.fc2.com/tb.php/1397-84ca38e2
編集

ケン爺(=田舎の木端役人)

ケン爺(=田舎の木端役人)
出世に縁が薄い技術屋
それなりに資格あり
孫が大好きなジジイ

カスタム検索

Powered by / © Copyright ケン爺の備忘録(ほぼ日?) all rights reserved. / Template by IkemenHaizin