FC2ブログ

ケン爺の備忘録(ほぼ日?)

木っ端役人のケン爺が読んだ本と日々について、ほぼ毎日書いています。最近サボっています。

めざせイグ・ノーベル賞 傾向と対策

ジャンル:本・雑誌 / テーマ:最近読んだ本 / カテゴリ:家族・自分のこと・日々雑感 [2009年03月30日 21時23分]
イグ・ノーベル賞って面白いですよね。
日本人の受賞の内容は(バカバカしそうでも)身がありそうなんですが、この本を読むとそうでもないような気がしてきます。
もしかすると木っ端役人でも受賞できるかもと思ってしまいます。
めざせイグ・ノーベル賞 傾向と対策 「世間を笑わせ、考えさせた」人に与えられる、それがイグ・ノーベル賞。めざせイグ・ノーベル賞 傾向と対策 「世間を笑わせ、考えさせた」人に与えられる、それがイグ・ノーベル賞。
(2008/09/27)
久我羅内

商品詳細を見る

そもそもイグ・ノーベル賞とは何か?
日本の受賞者は意外と多い
傾向と対策1 だれでも疑問に思うのにあえて調べないこと
傾向と対策2 根気があればできる研究
傾向と対策3 意外と下ネタが多い
傾向と対策4 アンケートの実施だけでいけるものもある
傾向と対策5 トンデモ学説はけっこうウケる
傾向と対策6 鳥を対象にした研究が多い
傾向と対策7 意味不明の研究
傾向と対策8 常人の思いつかない発明
傾向と対策9 あまりお勧めできない研究
まだまだある!イグ・ノーベル賞
私的エグ・ノーベル賞
[要旨]
「シロップのなかは速く泳げるのか」「フロントガラスに衝突した虫の収集」「ジッパーにペニスがはさまったら」「思春期における鼻くそほじりについて」「もしもバッタが『スター・ウォーズ』を見たら」世界でいちばん奇妙な発見発明に挑戦!?これを読めばあなたも発明王になれる!かも。

関連記事

コメント (0) /  トラックバック (0)

コメント

この記事にコメントする

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://gijyutushi.blog119.fc2.com/tb.php/1306-5aa8bf81
編集

ケン爺(=田舎の木端役人)

ケン爺(=田舎の木端役人)
出世に縁が薄い技術屋
それなりに資格あり
孫が大好きなジジイ

カスタム検索

Powered by / © Copyright ケン爺の備忘録(ほぼ日?) all rights reserved. / Template by IkemenHaizin