FC2ブログ

ケン爺の備忘録(ほぼ日?)

木っ端役人のケン爺が読んだ本と日々について、ほぼ毎日書いています。最近サボっています。

黒部の太陽

ジャンル:本・雑誌 / テーマ:最近読んだ本 / カテゴリ:土木・安全 [2009年03月22日 20時57分]
すごいセットと俳優陣にビックリしました。昨日は最後まで見ました。
しかし、主演が香取信吾では、ちょっとどうかと思います。

実は、木っ端役人が小学生のころ「黒部の太陽」の小説がでたようです。中学生になる頃、石原裕次郎主演の映画を見た記憶があり、そのあと小説を読んだ気がします。
黒四のインパクトはすごかったですね。日本のために橋を架けるかトンネルを掘るというような技術者になりたくなりました。
しかしながら、年取ってきて、電気技術者を目指しましたけどね。
もしかすると映画が木っ端役人を土木行政に導いたかもしれません。そのせいか、何度かダムに関わるようになりました。

感動したら、また明日でも書き込みます。
関連記事

コメント (2) /  トラックバック (0)

コメント

ボブロス URL [2009年03月23日 00時57分]

私も見てました
昭和35年ごろといえば
中3でした、
今でも不思議なのはトンネルを右と左から堀り進み
真ん中でピタット合体するって、
どうして出来るんだろう、不思議です。

今なら光波でピピッとでます
木っ端役人 URL [2009年03月23日 21時25分] [編集]

昔は数mずれたトンネルもあったそうです。
今ではまず考えられません。

この記事にコメントする

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://gijyutushi.blog119.fc2.com/tb.php/1304-a4a88ee5
編集

ケン爺(=田舎の木端役人)

ケン爺(=田舎の木端役人)
出世に縁が薄い技術屋
それなりに資格あり
孫が大好きなジジイ

カスタム検索

Powered by / © Copyright ケン爺の備忘録(ほぼ日?) all rights reserved. / Template by IkemenHaizin