FC2ブログ

ケン爺の備忘録(ほぼ日?)

木っ端役人のケン爺が読んだ本と日々について、ほぼ毎日書いています。最近サボっています。

とっぴんぱらりのぷぅ

ジャンル:本・雑誌 / テーマ:最近読んだ本 / カテゴリ:エッセイ [2009年03月22日 20時52分]
木っ端役人が何度も取り上げているぐらい好きな作家です。
「とっぴんぱらりんのぷぅ」だったような気もしますが、そんなことはどうでもいいですよね。
とっぴんぱらりのぷぅとっぴんぱらりのぷぅ
(2009/01/21)
田中芳樹

商品詳細を見る

第1部 とっぴんぱらりのぷぅインタビュー―本ってこんなにおもしろい!の巻(非日常へのとびら―かの文豪を讃えてリンクしていく物語群
翻案で読めるしあわせ―入門という存在意義
発展的継承とは―人ありてこそ人らしく相対化する視点
時をこえて国をこえて―フィクションの力
偉大なりワトソン君―自由のための技術力
足の下にはワンダーランド―透明だったりタコだったり
飛び出せ恐竜―エポックな河童
幸せに背をむけて―男たちによる男たちのための
身分違いこそ恋の華―愛と野望の女の一生
かくして生まれしファントム―黄金の三角形表現の力それぞれ
作家の理想の最期とは―そして命探偵登場!ヒーローが名を背負う
名作が埋もれる理由―自立するキャラクターとは本の可能性と文学の力)
第2部 とっぴんぱらりのぷぅ対談―本好き仲間と楽しく語るの巻(「ぼくらはこんな物語を読んできた」
「目からウロコが落ちまくり」
「ヒーローはフィクションの中に」)

関連記事

コメント (0) /  トラックバック (0)

コメント

この記事にコメントする

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://gijyutushi.blog119.fc2.com/tb.php/1303-e454c1e9
編集

ケン爺(=田舎の木端役人)

ケン爺(=田舎の木端役人)
出世に縁が薄い技術屋
それなりに資格あり
孫が大好きなジジイ

カスタム検索

Powered by / © Copyright ケン爺の備忘録(ほぼ日?) all rights reserved. / Template by IkemenHaizin