FC2ブログ

ケン爺の備忘録(ほぼ日?)

木っ端役人のケン爺が読んだ本と日々について、ほぼ毎日書いています。最近サボっています。

なぜデパ地下には人が集まるのか

ジャンル:本・雑誌 / テーマ:最近読んだ本 / カテゴリ:社会制度 [2009年03月04日 22時06分]
デパ地下は変化しているんですね。地方にいるとそこまで感じませんけどね。東京に行った時には寄ってみます。
なぜデパ地下には人が集まるのか (PHP新書)なぜデパ地下には人が集まるのか (PHP新書)
(2008/10/16)
川島 蓉子

商品詳細を見る

時代とデパ地下、私とデパ地下
第1部 なぜ今、デパ地下なのか(「デパ地下」は日本発 デパ地下の「今」)
第2部 “まち・みせ・ひと”から読み解くデパ地下(ちょっとした「手みやげ」を探す―「個性」や「気持ち」を表現する こだわりと高級感を表現するギフト―「贈答品」から「ギフト」へ 日常で贅沢気分を味わうスイーツ―ブームはデパ地下から生まれる 国内外の有名ブランドが揃うパン―デパートの個性が表れる 夕ご飯を見繕うお惣菜と生鮮食品―デパ地下が支える日本の食卓 手軽で豊富なお弁当―日々の食事と特別なシーンで使い分ける お招きの一品とお酒―ハレの気持ちを込めて選ぶ)
進化するデパ地下
[要旨]
常に人でにぎわうデパートの食品フロア=「デパ地下」。老舗の伝統に最新の流行、昔ながらの定番もあれば、各デパートが知恵をしぼり工夫をこらした「ここでしか買えないもの」もある。絶えずリニューアルが繰り返され、トレンドを発信し続けるデパ地下は、人々の生活に密着しながら、ファッション化・カジュアル化してきた。時代のニーズに合わせて進化を続け、訪れた人をわくわくさせる売り場、その人気の秘密はどこにあるのか?消費者の視点から見た「活用法」も織り交ぜながら、デパ地下の魅力に迫る。

関連記事

コメント (0) /  トラックバック (0)

コメント

この記事にコメントする

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://gijyutushi.blog119.fc2.com/tb.php/1280-1575d5dc
編集

ケン爺(=田舎の木端役人)

ケン爺(=田舎の木端役人)
出世に縁が薄い技術屋
それなりに資格あり
孫が大好きなジジイ

カスタム検索

Powered by / © Copyright ケン爺の備忘録(ほぼ日?) all rights reserved. / Template by IkemenHaizin