FC2ブログ

ケン爺の備忘録(ほぼ日?)

木っ端役人のケン爺が読んだ本と日々について、ほぼ毎日書いています。最近サボっています。

大人のための嘘のたしなみ

ジャンル:本・雑誌 / テーマ:最近読んだ本 / カテゴリ:エッセイ [2009年02月26日 22時40分]
「写真を見せられたら疑え」というのは、よく聞きます。
また、大人になるということは嘘つきになることというのもよく聞きますよね。
「学歴社会でなくなっている」というのは、今のところは本当ではないんですが、嘘でなくなりつつあるとは思います。
大人のための嘘のたしなみ (幻冬舎新書)大人のための嘘のたしなみ (幻冬舎新書)
(2006/11)
白川 道

商品詳細を見る

第1章 嘘は悪いものとは限らない(嘘は社会生活に不可欠なもの そもそも嘘とは一体なんだろう? ほか)
第2章 嘘といかにしてつき合うか(生きている環境でつく嘘は違う 嘘をつく際に気をつけること ほか)
第3章 こんな嘘は許されない(希代の大嘘つき・金正日 博打と金、そして嘘にも人間性は表れる ほか)
第4章 私を唖然とさせた嘘つき、そしてロクデナシ(写真を見せられたら疑え 騙されたほうもロクデナシ ほか)
[要旨]
「嘘つきは泥棒のはじまり」と言われるが、我々の暮らしから嘘をなくすことなどできない。多くの嘘は、様々な人間関係において余計な波風を立てないための「大人の知恵」なのである。本音だけで生きようとすれば、無用な衝突を繰り返す。ささやかな嘘を上手に使うことで、自分も相手も気持ちのいい時間を過ごせるのだとしたら―。波瀾万丈な半生の中で多種多様な嘘にまみれてきた著者が、嘘の功罪を独創的な視点で綴る、現代人必読の書。

関連記事

コメント (0) /  トラックバック (0)

コメント

この記事にコメントする

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://gijyutushi.blog119.fc2.com/tb.php/1274-e7e519e0
編集

ケン爺(=田舎の木端役人)

ケン爺(=田舎の木端役人)
出世に縁が薄い技術屋
それなりに資格あり
孫が大好きなジジイ

カスタム検索

Powered by / © Copyright ケン爺の備忘録(ほぼ日?) all rights reserved. / Template by IkemenHaizin